一昨日の9月20日(水)、新製品のフィールドテストを兼ねて、長野県南部の霧ヶ峰~美ヶ原周辺、
いわゆる「ヴィーナスライン」を走ってきました。

コースは標高1400mの白樺湖をスタートし、標高2000mの美ケ原までを往復する距離80km、
獲得標高2000mのコース。
当日の気温は手元の温度計によると最低12℃、最高22℃。
陽射しがある日中は暑さを感じましたが、美ケ原からの下りは折からの強風もあって、
かなりの寒さも感じました。
一日の中で寒暖差が大きく、まさに「ティブル」クライマレンジ製品のテストには
うってつけの環境だったと思います。

本来であれば、お店のライドとしてきちんと告知し、ご参加希望の方を募って開催したかった
のですが、ここのところのお店の忙しさから、プランをしっかり練る時間が取れず。
ご案内も出来ず。言い訳です…。
店頭告知のみでの開催となりました。(お店にいらしてくださいネ!)
故に少人数6名でのライドの様子。以下、写真中心にどうぞ。
私アイハラは、個人的に大好きなビブショーツ T.ティブル S7 を今季初着用。
このアイテムはこれからの時期、"保険"のようなもの。迷ったら穿きます!
トップスはミレ インターミディエイト のBLACK です。
スキンフォイルはLS.スプリング / フォール。
今回は、どちらかというと、暑過ぎないかをテストする目的で臨みました。

参加者の着用ウェアは、ほとんどがティブル クライマレンジの物。

ミレ インターミディエイト ジャケット が2名。
iJ.インターミディエイト prof. Blackが 1名。
スキンフォイル スプ / フォ + ティブル ジレ エキップ が2名。
ティブル ジャケット ラーラライ が1名。

山の稜線、標高1700m付近を走り続けるコースです。
景観は最高。当日は雲が多く、風が強かったのが残念でした。

一人半袖ジャージ + ティブル ジレで走る ”スーパーひたち”
筋トレのし過ぎで、お店でも、近くに彼が居ると暑くなってくる「人間暖炉」
の彼には半袖がちょうど良いのでしょう!

見晴らしの良い場所は風も強い!
自転車が飛ばされそうです。

美ケ原への激坂を前に呼吸を整えます。
ここから4kmが平均斜度9%強。

スーパーひたちのカスタムゼゴー。
どれだけ黒×黄色好きなのでしょう。

標高2000m 美ケ原 山本小屋 からの眺め。

ランチは山本小屋ふるさと館にて。
テーブルにつくなり、写真奥に写っている少年から「お疲れ!」と声を掛けられ、
爆笑の一同。
お目当ての石釜ピザは平日の為、釜に火が入っておらず…
カレーに代わりました。

日が落ちる前に戻りたいので、ランチ後急いで下山します。

rS.ストームプリンス 新モデルもテスト。
写真左がローリーレッド(蛍光色)
写真右がナショナルレッド(深紅色)

フィールド、特に暗くなってきた時間帯の視認性は、正直、圧倒的にローリーレッドに
軍配が上がりました。
ローリー レッドは山の向こう側、稜線上の道を1kmくらい先を走っていても、その姿を
はっきりと認識することが出来ました。
一方のナショナルレッドは落ち着いた色で、フィールドでもすごく良い色に映りますが、
暗い時間帯は色が周囲に溶け込んでしまいます。

正直、当日はrS.ストームプリンスだとややオーバースペック。
上の写真のsJ.ブリッツフェーダー シェルジャケットが最適だと思いました。
過去のブログ等でも書いていますが、この薄さ、コンパクトさにして、
この防風性能と温かさ、蒸れの無さは本当に素晴らしいです。
これからの時期、皆さんに持っていただきたいのはコレかもしれません。

チタニウムグレーが渋いっ!
MERCEDES F1 仕様のsJ.ワークスチーム シェルジャケット。
このアイテムもこれからの時期大活躍してくれますよ!

トラブルも無く、全員無事ライド終了。
何とか日が暮れる前にクルマまで戻ることが出来ました。
次回はきちんとライドを開催したいと思っていますのでお楽しみに!

当日着用アイテムの詳細など、是非お店にいらしてスタッフまでお尋ねください。
これからの時期は、本当に着る物に悩む時期です。
少しでも参考にしていただければ幸いです。

LINEで送る
Pocket

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。