どうも、ASSOS PROSHOP TOKYO の常陸(ひたち)です。
梅雨が近いせいでしょうか。最近は雨が多いですね。そして、雨が上がって晴れ間が出ると、途端に蒸し暑い…。日本特有の湿度を肌で感じる季節になってきました。皆さまもご存じのとおり、高温多湿な環境で運動を行った場合、体内に熱がこもり、心拍が上がって疲れやすい状態に陥ります。特に、ロードバイクのような持久系スポーツでは、パフォーマンスがガクッと落ちて、場合によっては、突然カラダが動かなくなってしまうなんてことも。

そんな訳で、今回ご案内させていただくのは、「蒸し暑さ」対策に欠かせない夏用インナー(ベースレイヤー)について。「夏のインナーはジャージの中に着るエアコン」というのが私の持論です。汗のベタつきを抑え、ジメッと重たい空気から解放してくれる。つまり、快適な状態で走り続けるための除湿装置と言えるのです。

「夏もインナーを着なきゃダメなの?」「ジャージだけでは不十分なの?」、そう思った方も多いでしょう。そんな方は、過去のブログを参考にしてください。→  着たほうが良いの? 夏のインナーウェア基礎知識。

白と黒、どっちが良いの?

さてさて、インナーの基礎知識は過去のブログをご覧いただくとして、今回はアソスのインナーの種類について、もう少し深く掘り下げてみたいと思います。現行アソスの夏用インナーは、素材感の異なる2種類がラインナップされています

一つは白い生地の SKIN LAYER(左)、もう一つは黒いメッシュタイプの SKIN LAYER SUPER LEGER(右)。
どちらも対応シーズンは夏。その中で
種類が分かれているので、ちょっとややこしいですね。お店でもよく質問されるのですが、「どちらが汗の処理能力が優れているか?」「どちらが涼しく感じられるか?」ということ。

繊維の構造、成分の配合、温度、湿度、運動強度、その人の体質など、さまざまな要因が絡みあっていますので、そんなに簡単な話ではないんですけどね。とは言え、「感じ方には個人差があります」的な言葉でお茶を濁すのもどうかと。ここはあえて、簡潔に、ズバリとお答えしたいと思います。以下、SKIN LAYER SKIN LAYER SUPER LEGER について、それぞれの特徴をまとめてみましたのでご覧ください。

 


カーボン繊維が肌面をドライにする「白」。

SKIN LAYER(スキンレイヤー)

~ 特徴 ~
・白を基調としたクリーンな印象。細かいボーダーラインはカーボン繊維。
・繊維のキメが細かく、透け感は少ない。
・主成分はポリプロピレン(疎水性 = 水となじまい性質)。
・肌全体をフラットに包み込み、汗をダイレクトにキャッチ。
・カーボン繊維を混紡することで、汗の処理能力、対摩耗性、抗菌性を強化。
・メンズとレディースの2種類がラインナップ。

~ こんなシーンでオススメ ~
・推奨外気温 18〜32℃
・春夏秋の3シーズンに対応。
・一般的なサイクリングからロングライドにオススメ。
・汗で濡れてる感じが嫌、サラリとした肌感を優先する人へ。

~ 常陸's アドバイス ~
SKIN LAYER の最大のメリットは、汗に処理スピードが速いこと。ですが、体質的に汗の量が多い人、また、熱気がこもりやすい室内トレーニングにおいては、結局どんなインナーを着ても汗でグッショリとなりがちです。それならば、いっそのこと頭を切り替えて、オープンメッシュの SKIN LAYER SUPER LEGER を選ぶというのも手です。オープンメッシュの方が多少なりとも風を感じられ、カラダの熱を逃しやすいというメリットがあります。

 


風を感じるオープンメッシュの「黒」。

SKIN LAYER SUPER LEGER (スキンレイヤー スーパーレジェラ)

~ 特徴 ~
・色は真っ黒。風通しの良いオープンメッシュ構造。
・肌感が強調されるセクシー&ワイルド路線。
・主成分はポリプロピレン(疎水性 = 水となじまい性質)。
・肌と接する面積が少ない分、汗の処理がワンテンポ遅れる。
・ふんわりしたメッシュがジャージを持ち上げ、肌へベタッと張り付くのを抑える。
・メンズのみラインナップ。

~ こんなシーンでオススメ ~
・推奨外気温 22〜36℃
・真夏向き。とにかく暑がりという方へ。
・少しでも風を取り込みたいヒルクライムにオススメ。
・熱気のこもる室内トレーニング向き。

~ 常陸's アドバイス ~
オープンメッシュのメリットは、非常に風通しが良く、肌に直接涼しさを感じられること。一方で、肌と接している面積が少ない分、汗を完全に拭いとるまでに少しタイムラグが生じます。肌寒い春先や秋口には汗冷えを起こしてしまうこともあるので要注意。また、編み目が肌に食い込む感触が苦手な方は、同シリーズの半袖タイプをオススメします。半袖タイプは、前身頃の胸から下側がキメの細かい織目に替わっていますので、肌触りもソフトに感じられ、胸の敏感な部分に引っ掛かる心配もありません。

 


軍配はどちらに? 
梅雨が明けたら「黒メッシュ」一択でOK!

さてさて、両者の違いについて、何となくご理解いただけたでしょうか。私が実際に使い比べてみた印象としては、SKIN LAYER(白)で必要十分以上のエアコン効果を感じております。いやいや、どうせなら少しでも涼しい方が良いでしょ! という方は、ちょいとお値段が高くなりますが、SKIN LAYER SUPER LEGER (黒)をお選びください。使う時期にもよりますが、梅雨が明けると本格的に厳しい暑さが続きますので、梅雨明け = インナーは「黒メッシュ」一択でOK!と憶えておきましょう。

いずれにしても、ジャージの中にインナーを着ているか否かで、パフォーマンスや疲労感が全然違います。インナーにお金をかける人は、よくわかっている人ですね。

アソス インナー(ベースレイヤー)のラインナップはこちらをご覧ください。

SHARE