ALSとCLIMA CODE

すべてのASSOS製品は、個々のアイテムが、コレクション内の他のアイテムと調和するように設計されています。どんなに高価なアイテムでも、それ一つで出来る役割や機能というのは、おのずと限られています。様々なアイテムを組み合わせて装いを構成することを、「レイヤーリング」と言います。

これは何も難しいことではなく、普段の生活の中で、季節に応じて装いを変えるような、当たり前のようにやっていることと、基本は同じです。ですが、屋外で風を受けて走るロードバイクでは、このことが普段以上に大切なこととなります。簡単に言うと「汗を大量に掻いて、風で一気に冷やされる。」この要素が厄介なのです。そしてたくさんの物を持てないので、必要最低限のアイテムで装いを形成すること。そこが難しいのです。

日本は、ほとんどの地域に四季が存在する国です。ASSOS PROSHOP TOKYO があるここ東京でも、真夏は35℃以上になり、真冬の朝はマイナスの気温になることもあります。一年を通じてロードバイクに乗ろうとするのならば、それぞれの季節や場所に応じた装いを形成しなければなりません。

ALSコンセプトは、ASSOS LAYERING SYSTEMの頭文字を取ったもので、外気温をひとつの指標に、各ライダーの代謝や体格、運動強度までを考慮して、最適なウェアを組み合わせることで、高い快適性を実現し、ライダーの最高のパフォーマンスを引き出そうという考え方です。また、世界中の様々な環境に居るライダーに、共通するひとつの目安を示そうというものです。

ASSOSは気温に応じて1年間を「SUMMER」「SPRING FALL」「WINTER」3つの温度帯=CLIMA CODEに区分し、それぞれの温度帯に合わせた製品を開発しています。ご案内します3つの季節の装い目安とし、その日走る場所やコースプロフィール、ライド強度などに応じて、最適なレイヤーリングを形成してください。

ASSOSの製品ラインナップは実に多様です。そして、正しいレイヤーリングの形成には、実際には幾らかの経験が必要です。レイヤーリングとは実にパーソナルなものです。自分の「ちょうどいい」が、他の人にとってはそうではないかもしれない。様々なASSOS製品を実際に組み合わせて使っていただき、その経験をもとに、自分自身に最も合う装いを見つけてください。

過酷なライドの中で、ウェアのチョイスがバッチリ決まった時。それは本当に気持ちのいい瞬間です。