昨秋から発売をスタートしました、サンフランシスコ発のサイクリングボトル ABLOC(エイブロック)。
ご利用いただいた皆様から「非常に使い易い!」という賞賛のお声を多数いただいております。
いまひとつ決め手に欠く物が多いサイクリング用のボトルですが、このボトル、使ってみると
実際かなり調子いいです!休みの日に自転車に乗る度に、このボトルの良さを実感してます。
唯一足りないのはチル(保冷)機能ですが、それも夏場ならせいぜいスタート後30分程度の話。
このボトルに慣れてしまうと、時折他のボトルを使うシーンがあるとストレスに感じてしまう。
もはや私、そんなふうになってしまいました。
ABLOC(エイブロック)は、アメリカ西海岸のサイクリングカルチャーの中心地、
サンフランシスコ発の自転車用ウォーターボトルとアパレルのブランド。
ARRIVE Bottle は、サイクリングの本質「スピード」と「ダイナミズム」を表現したフォルムと
なっており、「Design + Function」。デザインと機能を高次元で融合させた、見た目に美しく、
かつ非常に使いやすいボトルです。
発表後、アメリカ国内で数々のデザイン賞を受賞しました。
その特徴としまして、
1.ボトルケージへの収めやすさ
底部がすぼまっている形状の為、ボトルケージに対し、斜めから入れやすくなっています。
保持力がきつめのボトルケージに対しても、比較的に容易に入れることが出来ます。
また、斜めから入れやすいというのは、小さなフレームサイズにお乗りの女性の方や
デュアルサスペンションフレーム(MTB)にお乗りの方にとって、とても使い易い
ボトルであると言えます。
底部がすぼまっていることにより、ごく稀に相性の悪いボトルケージがあるようですが、
市販されているほとんどのボトルケージに対し、問題なく使っていただけると思います。
2.飲みやすさ
シリコーンバルブを採用しており、開栓状態(ノズルを引き上げた状態)でボトルを逆さまにしても、
中身が垂れてくることがありません。
従って、ライド中はいちいちドリンクを飲むたびにノズルを上げ下げする必要がなく、基本、ノズルを
引き上げた状態のままで問題ありません。
(移動中などボトルをバッグ等にしまう際は、中身が出ないようにノズルを引き下げてください。)
ハイ フローレート ノズルを採用。ボトルを軽く押すだけで、かなりの勢いで中身が飛び出します。
ボトルの柔らかさも相まって、握力の弱い女性でも使い易いボトルになっています。
長時間のライドで、疲れてきた際にもいいですね。
また、ノズル部分の太さが太過ぎないのもポイント。
最近、ノズル部分がとても太い物が増えてきてますが、あんまり太いのも、中身を飲む際に口を大きく
開けなくてはならず、結構ストレスなんですよね。
3.メンテナンスのしやすさ
ボトルの口部分(バルブ部分)は、上方向に強めに引っ張るだけで、2つのパーツに分解することが
可能です。バルブ内部をしっかり洗浄及び乾燥させることができる為、常に清潔な状態を保ちます。
カビなども生えにくい構造となっています。
また、バルブ部分以外の本体は、食洗機で洗っていただけます。
4.デザイン性の高さ
中身の有無が確認できる黒色のスケルトンボトルに、鮮やかな発色の口部分のデザイン。
特徴的な美しいフォルム。シンプルながら、プロダクトとして非常に美しい物に仕上がっています。
ボトル本体にあえてロゴ等を一切入れないことにより、どのようなバイクとも合わせやすく、また
バイクのパーツなどともコーディネートしやすくなっています。
また、ロゴ等のプリントが無いことは、ボトルケージと擦れてロゴが削れてしまうことがなく、
美しさを保つことが可能です。
ボトルは、上記写真のスモールタイプ(550ml)と、ロングタイプ(710ml)の2種類が存在します。
カラーは全9色!お好みのカラーを選んで、バイクと上手にコーディネートしてください!
通販サイトからもどうぞ。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。