どうも、ASSOS PROSHOP TOKYO の常陸(ひたち)です。
皆様もお感じになられているかと思いますが、ここ1年くらいで新たにロードバイクを始めた方が急に増えましたよね。
コロナ禍における健康志向の高まりや、都市の移動手段として見直されたり、また、密を避けて一人で楽しめるところもスポーツバイクの良いところ。

今回はロードバイクデビューしたての1年生を応援する意味を込めて、本格的な夏を迎える前に、夏のインナーウェア(ベースレイヤー)についてお話させていただきます。

 


夏にインナーウェアは必要?

ロードバイク1年生の中には、冬は寒いからインナーウェアを“着込む”ことが自然に受け入れられても、夏の暑い時期に“着込む”という行為に抵抗を感じる方も多いのではないでしょうか。お店でも「夏場もジャージの下にインナーウェアを着た方が良いですか?」という質問されることが多いのです。

結論から言ってしまえば、夏でもインナーウェアは着た方が良いです。
暑ければ暑いほど、夏用のインナーウェアを着る意味がある と言うべきかもしれません。

 


吸水性よりも疎水性で選ぶ。

インナーウェアの重要な役割として、真っ先に挙げられのが“汗の処理”です。
実は、ここでよく勘違いされやすいのが、「吸水性」と「 疎水性(そすい)」の違い。

「吸水性」 = 水を吸い取る性質。一時的に繊維の中に水分を閉じ込める。
例:コットン、レーヨン などの天然由来の繊維

「疎水性」 = 水となじまない性質。水分を繊維の外側へ押し出す。
例:ポリプロピレン、ポリアミド などの化学繊維

多量の発汗を伴うサイクリングでは、疎水性のポリプロピレンを主成分としたインナーウェアが最適です。汗を繊維の外側へ押し出し、繊維を通過した汗は逆戻りすることなく、ジャージの繊維を介して空気中へと発散されていきます。その為、肌面は常にサラッとした状態で、ウェアが体にベタっと張り付くことを防いでくれます。

天然由来の繊維の場合、汗が乾きにくく、濡れた状態が続くので、ウェアの着心地が極端に悪くなります。より快適性を求めるのであれば、疎水性のポリプロピレンを使ったインナーウェアが断然オススメ。もちろん、アソスのインナーウェアもポリプロピレンを使っています。

「疎水性」と言われてもピンとこないな〜という方へ、試しにアソスの SKIN LAYER(スキンレイヤー)を洗濯機に入れて、すすぎから脱水まで終わった状態でどれくらいの水分が残っているか検証してみました。
使用する製品は SUMMER NS SKIN LAYER(袖なし)のサイズ0(XS-S)です。

まずは、洗濯機ですすぐ前、完全に乾いている状態の重さが 54g。
製品自体がめちゃめちゃ軽いですね。

脱水が終わった直後、手に持った感じは、少しヒンヤリしますが、濡れている感覚はほとんどありません。水を含んで重くなっているかどうかも全くわかりませんでした。

そして、脱水した直後の重さは 73g。すすぐ前の乾燥状態が 54gでしたから、その差は 19g。つまり、繊維の中には、わずか 19gしか水分が残っていなかったという検証結果。この程度なら部屋干しでもすぐに乾きますし、極端な話、このまま着ても平気なくらい、自転車の乗って走り出したら数分で乾いてしまうレベルです。

 


走りに与える影響は? 
湿度とパフォーマンスの関係。

「汗がベタつかない」とか「とっても快適」というのは、その人の感じ方次第で、基準が曖昧と言われたらそれまでです。また、快適性の為にインナーウェアにお金をかけるかどうか、価値観も人それぞれですよね。しかし、インナーの良し悪しがパフォーマンスに影響を与えるとしたらどうでしょう?

同じ気温であっても、湿度の高い低いによって、体感温度が変わってくるのは皆様もご存知の通り。例えば、気温は28℃として、湿度80%ではかなり蒸し暑く感じるところ、湿度50%程度ではカラッとして意外と過ごしやすいと感じたりするもの。空気が乾燥していた方が、汗が乾きやすく、気化熱によって体の熱が奪われていくからです。

持久系スポーツを代表するマラソンを例にあげると、気温の高い低いよりも、湿度の高い低いが、タイムに大きな影響を与えることが報告されています。湿度が高い環境では、汗が気化しにくく、体に熱がこもり、心拍が上がって体力を消耗しやすくなります。その結果、パフォーマンスがガクッと低下してしまうのです。

アスリートの場合、「暑熱順化(しょねつじゅんか)」と言って、少しずつ暑さに体を慣らしていくことも考えなくてはいけません。「暑熱順化」が仕上がってくると、それほど気温が高くなくても汗をかきやすくなり、また、皮膚の血管が拡張して熱を放出しやすくなります。暑さでバテない順応力が備わってくるという訳です。

インナーウェアの役割も「暑熱順化」と似ています。皮膚の表面をドライな状態に保つことで、発汗と汗の気化を促進して、運動よる代謝熱を冷ますように働きます。高温多湿な日本の夏においては特に、汗の処理能力に優れたインナーウェアが求められるのです。

 


インナーだけでは涼しくない。

ここまで「夏にインナーウェアを着る意味」ついてお話させていただきました。
では、ジャージを着ないで、インナーウェアだけで走ったらどうでしょう? 涼しく感じるのでしょうか?

正直コレはちょっとややこしい話になります。肌に直接風を受けやすくなるので、瞬間的には涼しく感じられるでしょう。(一般的に、風速1m/sで、体感温度が1℃下がると言われています。)
しかし、ジャージを着なければ、紫外線に対するバリア性が無くなってしまいます。日焼けをすれば、火照り、赤み、皮膚の下部組織が潤いを失ってしまうなど、炎症によるマイナス要因の方が大きいと捉えるべきです。

ジャージに使われている素材は、紫外線カット効果が最大の UPF 50+ を有しています。インナーウェアだけでは足りない機能は、ジャージを着ることで補ってあげることも大切。やっぱり、ジャージを着ないという選択肢はないですね。

 


人がエンジン、ウェアはラジエター。

サイクリングをクルマに例えるなら、人がエンジン。そして、インナーウェアーとジャージの組み合わせは、「自分の汗」と「走行風」を利用したラジエター(冷却装置)としての機能と言えます。

MILLE GT SS JERSEY C2(半袖ジャージ)に使われている素材。
EQUIPE RS AERO SS JERSEY(半袖ジャージ)に使われている素材。

さらに付け加えると、アソスのジャージでは表面積を増やす為に、繊維を凹凸に織り込む工夫が施されています。ジャージの表面積が増える = 風を受ける面積が増えて、インナーウェアから受け取った汗を、一度により多く、よりスピーディーに気化させることが可能となります。素材表面が立体的なジャージほど良いジャージの証です。

 


7年の歳月をかけて進化した SKIN LAYER 。

2020年の秋より、アソスのインナーウェアは製法・素材を一から見直し、SKIN LAYER(スキンレイヤー)として生まれ変わりました。それ以前の SKIN FOIL(スキンフォイル)と呼ばれていたシリーズの初代が登場したのは2013年の秋ですから、実に7年ぶりに世代交代が行われたことになります。

アソスはサイクルウェアブランドの中では、いち早くカーボン繊維が持つドライ性能に気付いていました。最新の SKIN LAYER(スキンレイヤー)にはカーボン繊維がブレンドされ、汗の処理能力が格段にアップ。縫い目を無くすことで、肌にやさしく、均一なフィット感を実現しました。詳しくは、製品紹介ブログも合わせてご覧いただければ幸いです。

カーボン繊維で劇的に変わる。肌に触れるベースレイヤーこそ快適なサイクリングへの近道。

白か? 黒か? ハッキリさせます。アソスの夏用インナー性能比較。

 

アソス インナーのラインナップはこちらをご覧ください。
皆様のご来店ご利用を心よりお待ちしております。

SHARE