アソスのウェアのことならお任せください! アソス コンシェルジュこと常陸です。
本日も芝公園から自転車生活を豊かにする情報をお届けしてまいります。

早くも2020年秋冬コレクションがスタートしており、気になるアイテムが目白押し。中でも最も注目すべきは、アソスのベースレイヤー(インナー)が数年ぶりに大きな変貌を遂げたことです。

CONQUER THE CONDITIONS( = 条件を克服する)という開発目標を掲げ、肌に最も近いところから快適性を底上げする為に、素材・製法を一から見直しております。従来の SKIN FOIL(スキンフォイル)を超える新世代、SKIN LAYER(スキンレイヤー時代の幕開けです!

早速ですが、下のムービーと合わせてご覧ください。

 


カーボンファイバー混紡 × サーキュラーシームレス製法

新しい SKIN LAYER(スキンレイヤー)の性能を語る上で欠かせないキーワードが2つ。
『カーボンファイバー混紡糸』
『サーキュラーシームレス製法』
この2つの革新的な技術を取り入れたことで、従来のベースレイヤーとは比較にならないほど、快適性能がアップしました。言うなれば「まるで空気のようなベースレイヤー」です。

「一体何がそんなに凄いのか?」
ここからは、ワタクシ常陸が実際に使ってみて、気がついたことをお伝えしてまいります。


新しいけど、どこか懐かしいデザイン

快適性能とは直接関係ないことですが、個人的には「デザイン性 = 見た目」もすごく気になります。当然のことながら、肌に直接着るベースレイヤー(インナー)は、ジャージやジャケットの下に隠れてしまうもの。本来は目立たない存在にも関わらず、昔から、アソスのベースレイヤーは見た目の美しさにも定評があります。「そのまま街着としても通用する!」「お洒落すぎてインナーに着るのはもったいない!」などなど。

新しい SKIN LAYER(スキンレイヤー)のデザインも然り。ボディの正面に一筋のセンターラインがすーっと通り、首元の下にはアソスの楕円ロゴがワンポイント。正面のセンターラインがファスナーのように見えて、昔の体操ジャージ的な味わい深さもあり、ニューレトロ的なデザインが完全にツボにハマりました。

 

センターラインの色は、アソスが定義する CLIMA CODE(クライマコード)を表しています。季節区分ごとにベースの色とセンターラインの色の組み合わせが決まっており、どの季節に最適なベースレイヤーか、視覚的に一発でわかるようにデザインされています。

白ベース × 黒ライン = 夏(CLIMA CODE  1/3  SUMMER)
黒ベース × 黄ライン = 春秋(CLIMA CODE  2/3  SPRING FALL)
黒ベース × 青ライン = 冬(CLIMA CODE  3/3  WINTER)
青ベース × 白ライン = 厳冬(CLIMA CODE  3/3  ULTRAZ WINTER)

 

カーボン繊維がベースレイヤーの常識を変える

カーボン繊維が優れた水分コントロール性能を持っていることに目をつけたアソス。生地の中にはカーボン繊維が織り込まれています。夏用の白いベースレイヤーだと見た目にもわかりやすいのですが、細かいシマ模様が入ってますよね。これ、デザインのためではなく、黒いカーボン繊維が織り込まれている証拠。

新しい SKIN LAYER(スキンレイヤー)を着た瞬間に感じる「軽さ」「柔らかさ」「サラサラ感」。
その快適性を司どっているものこそ、カーボン繊維なんです。

カーボン繊維による3つメリット
「軽さ」・「耐久性」・「抗菌作用」

カーボン繊維を織り込むことで、生地を安定させる働きがあります。生地が薄くなれば失われがちな「伸縮性」と「耐摩耗性」を、カーボン繊維が補ってくれるのです。言い換えれば、カーボン繊維を使うことで、極限まで生地を薄く出来るということ。

また、『サーキュラーシームレス製法』により、円筒状に編み込まれたボディには縫い目がなく、均一な収縮性で満遍なくフィットするので、肌へ刺激を与えることがありません。その結果として、羽毛で覆われているようなふんわりした着用感を得られるようになりました。

さらに、カーボン(炭素)ならではの抗菌作用により、匂いの原因となるバクテリアの発生を抑える働きがあります。

上の写真で、左が従来の SKIN FOIL(スキンフォイル)、右が新しい SKIN LAYER(スキンレイヤー)です。夏用半袖タイプ(Mサイズ)で重量を比べてみると、SKIN LAYER(スキンレイヤー)の方が28gも軽量化されておりました。

 

従来は、プチプチと小さい穴の空いたメッシュ織を採用しておりました。見た目の印象では、メッシュ織の方が通気性が良くて、涼しそうに見えますよね。

新しい SKIN LAYER(スキンレイヤー)のキメ細やかな繊維は、通気性よりも「汗を肌から引き離すこと」に重きを置いて開発されました。肌に密着する面積を増やすことで、汗が雫になる前に外側へ押し出してしまいます。また、カーボン繊維による水分コントロールも相まって、汗の処理スピードはASSOS史上最速をマーク!

私の場合、製品が発表される前からテストサンプルを支給されていたので、既に、真夏のライドで何度か試しておりました。穴の空いたメッシュ織に慣れていたので、新しい生地では「通気性が落ちるのでは?」と、やや懐疑的ではありましたが、極薄の生地になったお陰で、涼しさもバッチリ感じることができます。
「今日はやけに湿度が低い」
そう錯覚するほど、今まで経験したことのないドライ性能を発揮してくれました。

 



春秋冬には凹凸により断熱効果を発揮

春秋用および冬用の SKIN LAYER(スキンレイヤー)では、寒暖差に対応出来るように、生地の織り方も変わってきます。夏用は全体的にフラットな織り方であるのに対して、春秋用・冬用では、ボーダーラインに沿って、凹凸感のある立体的な織り方になっています。

この構造により、肌と密着した部分では汗の処理を促進しつつ、肌から少し離れた部分では空気を溜め込み、断熱効果を高めてくれるのです。より少ない質量で、冷気を遮断し、汗冷え防ぎ、しっかりと体温を蓄えることが可能になりました。

 



男女別々のサイズ展開 & シルエットを採用

従来アソスのベースレイヤーはユニセックスの展開でしたが、SKIN LAYER(スキンレイヤー)シリーズから、男女別々のサイズ展開となりました。比較的小柄な日本人の女性でもサイズを選びやすくなっております。

男女の骨格の違いを考慮して、メンズは肩の切り替えが直線的なボックスシルエットを採用。レディースは肩に丸みを帯びたラグランスリーブを採用しています。素材の伸縮性が非常に高いので、タイトフィットがお好みの方は、メーカー推奨よりも小さめのサイズをお勧めいたします。

肌と最初に触れるベースレイヤーは、快適なサイクリングへの第一歩。
隠れた部分にこだわってこそ、真のサイクリストへの近道です!

新しい SKIN LAYER(スキンレイヤー)各種とも、当店オンラインストアからもご利用いただけます。
皆様のご来店ご利用を心よりお待ちしております。

SHARE