今回から少しずつ、レディスの半袖ジャージを取り上げてまいります。
現行ラインナップは4種類。それぞれ素材やパターンが違えば、フィット感も色々。

中でも“フィット感”は重要なファクターでありながら、言葉では説明し難く、
ご自身のお好みに合うかどうか? 多くの女性が気になるところでしょう。

サイズ選びの目安として、平置きの実測値(Sサイズの身幅×着丈)、
それから、数値からは読みとりにくい素材感、パターンの違いなど、
合わせて参考にしていただければ幸いです。


まずは、ベーシックモデルの UMA GT SS JERSEY から。




身幅(脇下~脇下)≒ 40cm
 袖の脇下パネルの縫い目、左右の間隔を計測。



着丈 ≒ 50.5cm
 背中はバックポケットのマチがある関係で、計測がバラつきやすい為、
 襟ぐり(タグの付け根)からフロントファスナーの下端までを計測。


Sサイズの平置きの寸法から、小柄な女性でも合わせやすいサイズ感というのが
お判りいただけると思います。
ASSOSウェア全般に言えることですが、海外ブランド=大きい というイメージは
当てはまらないのです。




主なパネル構成として、フロント・サイド・バックの3種類。
基本は前傾姿勢に合わせたラグランスリーブを採用していますが、
直立姿勢でも胸の前を圧迫しにくい適度なフィット感を狙っています。
襟のカットは低めで、首元はスッキリとした印象です。





サイドのストレッチ素材が絶妙で、ボディラインを強調し過ぎない程度に
引き締まった印象を与えてくれます。

UMA GT SS JERSEY の特長として、薄さ・軽さに特化しているというよりも、
比較的しっかりとした素材が使われていて、ロードバイクを乗り始めの方にも
安心感を与えてくれるジャージと言えます。

どのジャージが良いか? 迷ったら UMA GT SS JERSEY を選びましょう。
それくらい鉄板でオススメのジャージです。

LINEで送る
Pocket

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。