前回に続き、レディスの半袖ジャージのお話。
今回は上位グレードの LAALALAI SS JERSEY をピックアップ。

LAALALAI(ラーラライ)の魅力は何か?
最初に結論を言っちゃいますと、良い素材(=高価な素材)を使っていること。
スリムなシルエットの割に窮屈さ全くを感じさせない、その独特なフィット感は、
9割以上が素材の良さに由来しております。




主素材 type.002 の特長として、まず、非常に薄く、よく伸びること。
「ストッキングのような…」と言えば、女性には伝わりやすいでしょうか。
肌に吸い付くようなフィット感です。

それでいて、ピタッと密着した状態でも、透け感、肌感を感じさせない
シルキーな質感が、type.002 が他のジャージ素材とは一味違うところ。
高級感ともに安心感を与えてくれる素材です。



UMA GT SS JERSEY と比べると、襟のカットは高め。
ファスナーを一番上まで上げるとキリッとした印象になりますね。
もちろん、この状態でも締め付け感の無いように、フロントのパネルから
継ぎ目なく、立体的に立ち上がっています。



袖口はレーザーカットによる切りっぱなし。
生地の折り返し、縫い代が存在しないので、素材の柔らかさをそのままに、
優しく腕を包み込んでくれます。



では、サイズ感はどうでしょうか?
前回と同じく、Sサイズの平置きの寸法を測ってみました。


身幅(脇下~脇下)≒ 41cm
 袖の脇下パネルの縫い目、左右の間隔を計測。



着丈 ≒ 47.5cm
 背中はバックポケットのマチがある関係で、計測がバラつきやすい為、
 襟ぐり(タグの付け根)からフロントファスナーの下端までを計測。


UMA GT SS JERSEYとの対比で、身幅は1cm広く、着丈は3cm短いという結果。
ですが、立体縫製のウェアを平置きで計測するには限界があり、実際のフィット感と
マッチするかというと、必ずしもそうではありません。
パターンや素材の伸縮率が大きく影響してまいります。



試しに、UMA GT(左)と LAALALAI(右)のSサイズ同士で並べてみると…
(襟ぐり、肩を同じ高さに合わせています)

LAALALAI(右)は袖の作りが細く、脇下の位置が高くなっています。
脇下からウェストに掛けてシェイプされ、全体的にスリムなシルエット。




また、フロントの着丈を短くすることで、よりアグレッシブな前傾ポジションでも、
お腹の前で生地が余らないようになっています。




背面のメッシュ素材 type.220 はASSOSの上位グレードのジャージではお馴染みの素材。
身体を包む横方向へよく伸びて、縦方向には伸びない構造が特徴。
バックポケットに荷物を入れても、重さでずり下がることないので、快適なフィット感を
保持する役割があります。


LAALALAI SS JERSEY は最新ASSOSにおいて、最高の機能美を備えたジャージ。
素材・フィット感にこだわりをお持ちの方、パフォーマンス向上を目指す方へオススメです。


SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。