どうも、常陸です。
私もいちASSOSユーザーとして、今シーズンの秋冬コレクションの中から、『これは“買い”だな』という必須アイテムを一つ挙げるとするならば…。

迷うことなくコレ。
MILLE GT スプリング フォール ジャケット 以外に考えられません。

MILLE GT SPRING FALL JACKET31,212円(税込 8%)

詳しい機能やディテールは、通販サイトの商品説明をご覧いただくとして、
なぜ、私が MILLE GT スプリング フォール ジャケット を猛烈にプッシュするのか?

それは、ASSOS伝統の春秋スペック『インターミディエイト』の系譜を継ぐ、
由緒正しいジャケットだからです。

その特徴は、パーツ毎に素材を組み合わせた、ハイブリッドな構造にあります。
もはや伝説と化した初代 インターミディエイト EVO 、フロントに配された防風素材は、
ザラッとした質感に、下地の銀色が覗く、何とも言えないメタル感が漂っていました。
当時、その無骨な雰囲気にすっかりやられたという方も多いでしょう。

素材の進化と共に世代交代を繰り返し、最新バージョンとして登場したのが、
MILLE GT スプリング フォール ジャケットという訳なんです。

 フロント 胸部
  防風・撥水のシェル素材 = NEOS MILD

② フロント 腹部 & アーム 外側
  保温・断熱のフリーズ素材 = RXフリース

③ 背面パネル & アーム 内側
 吸汗速乾性、通気性に富んだジャージ素材 = Type 157 ストライプテックス

ジャケットの暖かさ、シェルの防護性、夏用ジャージの快適性、一枚に機能が
凝縮され、その汎用性の高さから、春秋のロングライドに最も活躍するアイテム。
朝のスタート時は気温一桁、日中は20℃近くまで気温が上がったって大丈夫。

ジャージ感覚で着れる薄手の作りは、レイヤリングのベースとしても使いやすく、
インナーを変えたり、シェル類の重ね着で、暖かさをプラスするのも自由自在。
秋以降も冬場のトレーニングにだって使えちゃう、実に頼もしいジャケットです。

それから、今シーズン “買い” の理由がもう一つ。
実は、MILLE GT スプリング フォール ジャケットは、当初の予定では2018年の
秋にリリースされる筈でした。
しかし、胸部のシェル素材(当時はNEOS 7)に、製造上の不具合が見つかり、
リリース時期が遅れてしまったという経緯がございます。

その後、新たな胸囲のシェル素材として、NEOS MILDが開発され、品質も安定して、
当店でも自信を持ってオススメできるようになったという訳です。

今シーズンは新色が追加され、またその色合いが絶妙で、個人的にツボにはまりました。
じっと我慢して、一年待った甲斐があったというものです。

※9月8日時点、C.ブルーは全サイズ未入荷。
 ブラック×イエローバッヂは、XSサイズのみ入荷。
 その他、未入荷の 色×サイズ は、次便9月中旬に入荷予定となります。

LINEで送る
Pocket

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。