どうも、常陸(ひたち)です。

昔から「お洒落は足元から」とは言いますが、ロードバイクのウェアに関しても同様。
特に夏場は装備品が少なくなる分、ソックス一つとってもその存在感が増してきます。

ただ、個人的には最近流行りのカラフル&丈の長いソックスはどうも苦手で…。
そういう意味では、ASSOSのソックスはデザインと丈の長さのバランスが良く、
どんなスタイルにも合わせやすいので、オジさん的には非常に助かってます。

私の一軍メンバーとして定着しているソックスはコレ、モノグラムソックス
実は、最初に見た時の印象は「お洒落感出し過ぎでは?」と少し抵抗がありました。
見慣れたというのもあるかもしれませんが、実際に履いてみると、これがいい塩梅なんですね。
色数を増やさなくても、モノグラムによる視覚効果がアクセントになります。
私のように全身地味なコーディネートにも取り入れ易いですよ。



丈の長さはアキレス腱とふくらはぎの中間くらい。
モノグラムソックスは足首の着圧が高い特徴があるのですが、口の部分がふくらはぎの筋肉に
掛かって気持ち悪い、なんてことが無いので安心です。
見た目のバランスもGOOD!!




そして、最近のお気に入りソックスがこの RSソックス
どこにもアソスのロゴが入っていなくて、後ろのセンターラインだけという潔さ。
硬派なアニキにオススメです。



写真では判りにくいのですが、丈の長さはモノグラムソックスよりも少し短め。
ちょうどアキレス腱を覆うくらいです。

“昔のASSOSソックスと同じ長さ”と言った方が、長年ASSOSを愛用されている方には判り易いかと。
「最近のソックスは長過ぎる」「以前のタイプが欲しい」そんな方も結構いらっしゃいますよね。
久しぶりにこの長さが復活しました。

ただ、履き心地に関しては、従来のソックスとは別次元。
めちゃめちゃ進化してます。


まず、足を入れる前は他のソックスよりも明らかに一回り小さいのですが、キメの細かい素材が
よく伸びて、足のカタチに余りなくピタッとフィットします。
履いた状態では薄さが一層際立って、足とシューズの間には薄皮が一枚あるかないかといった感じ。
それでいて、適度な弾力もあって、足に薄いタイツを被せているような不思議な履き心地です。

ズバリ、RSソックス良いです!!
ここまで感動出来るソックスは久しぶりかも。
色違い(白地×黒ライン)で揃えちゃおうかな。



こうなると、後から登場してきたRSRソックスも期待値が高まりますね。
なにせ、ソックスとしてはかなりの高額ですから(3,888円/税込)。
私も早く試してみて、皆さまにレビューをお伝えしたいと思います。


SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。