ここ数年、自転車のフレームでは、メーカーロゴをあえて見立たないように塗ったような、
艶消しブラックなどの「ステルス」仕様のフレームが人気ですが、ついにその流れがウェアにも
やってきました。





2016年秋冬アイテムの中で、密かに注目すべきアイテムが「prof.BLACK」シリーズのジャケット類。
prof.とは「professional」の略。
かねてよりヨーロッパのプロ選手達からの要望で、オフシーズンである冬場のトレーニングの際に、
所属チームの契約スポンサーに対して気兼ねなく使用できる、アソスのロゴやデザインの入らない、
黒無地のジャケットを作っていたことが、事の発端。







この商品の為に、特別に用意されたファスナーや引手を使用。
袖口や比翼部分、バックポケットなどの仕様も通常の物とは異なり、スペシャル感溢れるアイテムに
仕上がっています。
ただの黒無地の物ではなく、よりアッパーな位置付けのアイテムとして昇華させているのが、
アソスらしいところかと思います。

個人的には特に、鈍い光沢を放つ金属ファスナーと、その引手に注目しています。
ファスナーの質感って、結構全体に影響するんですよね。
そう意味ではこれ、ものすごく高級感が上がっています。
ファスナーを開閉する際の、「ジ〜ッ」という音と手触りもまた良し。
高級なハブのラチェット音に通じるような…。



昨今、SNSなどの発達によって、シーズンオフの時期と言えど、常に周りの視線を意識せざるを得ない
プロ選手達。その辺り、なかなか大変そうですね…。
そのような要望に応える形で、アソスのロゴなどもすべてブラックアウトしてあります。

ロゴを目立たなくするって、本来メーカーは、なかなかやりたがらない行為のはずですが、
それを喜んでやってしまい、しかも一般向けに販売してしまおうというのですから…。
「Sponsor Yourself」
まさに、アソスのこの気風が、この商品に体現されているではないかと感じています。



過酷な冬場のアイテムこそ、自費を払ってでもアソス製品を使いたいと考える、プロ選手達が
実際かなりいるのだそうです。プロ選手達は、冬の間に相当の距離を乗り込むようですから。
ヨーロッパの冬は、日本の冬と比較しても、はるかに厳しく、何より長いのだそう。
そう言えば、昔観たドキュメント番組でも、私の好きなあの選手がアソスのフグジャケットを
着て、ウィンタートレーニングしていたっけ。


「prof.BLACK series」 の商品は、以下の秋冬主幹アイテムに登場しております。


iJ.インターミディエイト S7 prof.BLACK  ¥34,560(税込)  残りSサイズ 1点限り。



iJ.ハブ prof.BLACK  ¥48,600(税込)  次便10月入荷予定  XS〜XL



iJ.ボンカ チェント prof.BLACK  ¥64,800(税込)  次便10月入荷予定  XS〜XL


そして重要なことが。
今季のprof.BLACK シリーズの入荷は、超少量です! めちゃくちゃ貴重な在庫です。
なぜなら、昨冬終わりの2016FWオーダー時には、製品サンプルも無く、商品についての
詳細情報がまるで無かったから。ただ、「黒い無地の製品が出る。」だけ的な…。
これでは、私ども店側も、おっかなくてオーダー出来ないんですよ。

今後入ってくるiJ.ハブ、iJ.ボンカ についても、商品が到着してみないと製品の細かい仕様が
わからない…。まさにミステリアスなアイテム。
ただ、現在入荷済みのiJ.インターミディエイト S7 の prof.BLACK を見る限り、相当魅力的な
アイテムになっているはず!
代理店さんに聞くところによると、当店以外にはほとんどオーダーついていないとか…。
気になる方は、是非ご予約いただくことをお勧めいたします。
そうでないと、当店の真っ黒好き男、常陸が買っちゃいますよ。気を付けてください。


それにしても、真っ黒で実力者っていうと、私アイハラ的には、この人を連想してしまいます。

「家康に過ぎたるものが二つあり。唐の頭に、本多平八。」
と、あの武田信玄に言わしめた、本多平八郎忠勝であります。
真っ黒の武者姿で戦場を駆けまわり、傷一つ負ったことがことがないとされる、徳川四天王の一人。
レジェンドです。
少し前、彼が初代城主を勤めた上総 大多喜城に行った時に、興奮したなぁ〜。
当店 常陸が平八郎のようになってくれることを期待しつつ…
すると、俺は家康かぁ〜。ないない。
これにて。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。