今日はファスナーの話を少々。
皆さん、ウェアのファスナーのメンテナンスなんて、意識したことがありますか?
たぶんほとんどの人が、そんなこと考えたこともないのが実際かと思います。



いまさら的な話ですが、ファスナーは歯車の原理を利用しています。
ファスナーのギザギザのことを「エレメント」もしくは「務歯(むし)」と呼びますが、
スライダー(上下に動かす部分)を引き上げることにより、エレメント同士を一つ一つ
順番に噛み合わせ、閉じた状態をつくるのです。

歯車と歯車が噛み合う部分には、当然、潤滑の為の油分が必要です。
長期間の使用で、繰り返された洗濯により、元々ファスナーに付いている潤滑剤が
とれてしまい、ファスナーの滑りが悪くなっていくという訳。
ですので、ときどき潤滑剤を塗りなおしてあげると、ファスナーの良好な
コンディションを保てるのです。
ス~ッと動くファスナー、気持ちいいですよね!
反対にファスナーが上がりにくかったりすると、イライラしてしまいます。
特に今時期の寒くて手がかじかんでる時などは、なおさらです。

そして何より、ファスナーの滑りが悪いまま使い続けていると、エレメントを
飛ばして噛み合わせてしまったり、エレメントを破損したりして、ファスナーを
ダメにしてしまいます。気を付けましょう。
実際、ファスナーの修理依頼は非常に多いです。





ファスナーの滑りを良くするために、昔は蝋を塗ったり、金属用の潤滑油を塗ったり
していたようですが、いまはもっと良い物があります。
当店でも使っている、YKKの「ファスナーメイト」がそれ。
言わずと知れた世界最大手の日本のファスナーメーカーが出している、ファスナー専用の
シリコーンスプレー。東急ハンズさんや、ユザワヤさんなどで売っていると思います。
アマゾンでも売っているようですね。700円くらい。

通販発送前の検品時にファスナーの動きがイマイチな時などに、ひと塗り。
本来スプレータイプなので、「シュッ!」とやるものなのですが、染みになると嫌なので、
販売前の製品には、念の為、綿棒を使って塗っています。
ご自宅に自転車メンテ用のシリコーンスプレーがある方は、それでもいいと思います。
念の為、染みにならないか、様子を見てから使ってくださいね。



ちなみに、現在アソスが使っているファスナーメーカーは主に2社。
前述の「YKK」と、ドイツの「OPTI」です。
主に、薄手のジャージ類がYKK。ジャケット類がOPTIと使い分けています。
「OPTI」は、スイスの「riri」やイタリアの「Lampo」と並ぶ、高級ファスナー
メーカーの一つ。某高級ダウンブランドや、ドイツの大手スポーツメーカー、
ドイツ軍なども「OPTI」をチョイスしているようです。

OPTI(正式にはOPTILON社)が、世界で初めてコイルファスナー(樹脂ファスナー)
を開発した会社です。
ナイロンもしくはポリエステルのモノフィラメントを、コイル状に成型しエレメント
としたファスナー。金属製のファスナーと比べ、耐久性があり、何よりも軽いのが特徴。
現在のアソスのウェアは全てコイルファスナーを使用しています。

最後に。
ウェアを洗濯する際は、ファスナーを閉めてから、ネットに入れて、洗濯機へ
お願いします。ファスナーを閉じることで、ファスナー自体のトラブルを防ぎますし、
ギザギザのエレメントで他の衣類を傷付けることもありません。

以上、ファスナーのお話でした。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。