先日まで「寒っ!」と思いながらジテツウしていたと思っていたのに、あっという間に
「暑っ!」な今日この頃の東京。
まだ暑さに慣れていないので、急な気温と湿度の上昇は身体に堪えますよね…。
長袖から一気に半袖へ。今年は春がほとんど無かった感じがします。
そんな、暑さを感じ始めた際に、最初に用意していただきたいアイテムが、
アソスの夏用インナー、スキンフォイル サマーです。



「空気を身に纏う。」
アソスの夏用インナー、スキンフォイル サマーはそのような意図をもって作られています。
夏場のライディングの際に、いかに涼しく、快適にするか。
「素材」と「作り」の二方向からアプローチしています。

まずは「素材」。
夏用スキンフォイルは、汗を吸い上げる力に優れる中空ポリプロピレンを使用。
ストローのように中に穴が空いている素材により、肌に出てきた汗を素早く、
たっぷり吸い上げます。
そして最終的には、インナーの上に着ているジャージに水分(汗)を移してしまいます。
外に着ているジャージは、自転車に乗っていると常に風を受けているので、
乾きやすい場所なのです。

汗を肌から引き上げて(=プル)、上のジャージに汗を押しやる(=プッシュ)。
この二つの作用により、汗でベタベタする不快な感じが少なくなり、
また汗冷えも引き起こしにくくなるのです。
夏用スキンフォイルを着用することで、肌面と水分(汗)の間に、1枚空気の層が
出来るのです。



次に「作り」の工夫。
アソスのスキンフォイル シリーズはいずれの季節の物も、ソックスを作る技術を
応用し、縫い目・継ぎ目が無く(=シームレス)、チューブ状に編み込んで胴体部分が
構成されています。
その編みのテンションが、他の季節のスキンフォイルと比べ、夏物はかなり緩めに
なっています。
日本を含め、アジア圏特有の湿度の高い環境でも対処しやすいよう、ふんわりと
緩やかに編まれているという訳。
ですので、スキンフォイル サマーは他の季節の物と比較し、フィットがやや緩くなります。

そして、部位によって素材に施された穴の大きさを変えることで、汗の吸い上げ度合や、
涼しさの度合いを調節。
自転車に乗って前から風を受けている際に、全体が均一な涼しさとなるようになっています。

また、身体(筋肉)の部位に合わせてリブ(すじ)を施すことで、素材の伸びの方向と
度合いをコントロールしています。
これにより、高いフィットが得られると同時に、長い期間使ってもダラ~ンとなりにくい訳。


アソスのスキンフォイル サマーは3種類。
従来の半袖、袖無しに加えて、今年から長袖が登場しました。
スキンフォイルシリーズにはUPF50+の高い紫外線カット効果がありますので、
長袖のスキンフォイルを半袖ジャージの下に着用することで、腕の紫外線対策に。



また今シーズンより、腕の日焼け止めの為のアイテムも、同様の素材となり、
アームフォイル」という名になりました。
従来品のUVアームプロテクターと比較し、蒸し暑い時期の装用でも涼しく感じられ、
付け心地も格段に良くなっています。こちらも、あわせてご検討ください。

暑い時こそ「着る」。
是非試してみてください。きっと気に入っていただける筈です。

明日は藤野ライド!
結構気温が上がりそうですので、私はスキンフォイル サマーに加えて、初めてアームフォイルを
使ってみようかと思っています。

尚、今週は第3ウィークです。
明日19日(水)に加え、明後日20日(木)もお休みをいただきます。
お間違いなきようご注意ください。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。