本日9月15日、アソスから重大発表でございます。
2019年の春、アソスの顔とも言うべきビブショーツに次世代 S9 シリーズが登場!!
今日がその情報の解禁日なんですね~。

シクロワイアードさんのインプレ記事にて、新作 S9 の新テクノロジーについて、
かなり深く掘りげて紹介していただいておりますので、こちらをご覧ください。
→ https://www.cyclowired.jp/news/node/276709


来シーズン S9 へ移行するのは2種類。
中核グレードのT.エキップ EVOエキップ RS ビブショーツ S9
最上級グレードのT.カンピオニッシモ S7エキップ RSR ビブショーツS9
その他、現行のT.ミレ S7T.チェント S7は来シーズンも継続となります。

エキップ RS ビブショーツ S9】カラー2色展開:ブラック / レッド 予定価格 30,888円(税込)


エキップ RS ビブショーツ S9】カラー:ブラックのみ 予定価格 45,360円(税込)
おおっ、遂にこの日が来たか! と感慨もひとしおですが、実際の発売開始は2019年の
2月以降と、まだまだ先の話となりますので、是非楽しみにお待ちください。

さてさて、2ヶ月半ほど前になりますが、6月26日、栃木県は那須高原にて、メディアさん各社を
対象とした、次世代ビブショーツ S9 の展示会が極秘裏に行われていました。
実は、ワタクシもそこに参加させていただいた訳なんです。


午前の部は、ASSOS本社よりセールスマネージャーのマーカス氏を迎えての座学。
業界きっての目の肥えたライターさん達の熱い視線が注がれます。


午後の部は、製品サンプルを着用して、フィールドでの実走テストへ移ります。
用意されたのは2014年の全日本選手権と同じコース。


そして、その時の全日本チャンピオン 佐野 淳哉 選手に前を牽いていただくことに。
なんとも贅沢な、そして、なんともスパルタンな実走テスト…。
サイクリングウェアについて、選手目線の意見も伺うことも出来て、実に内容の濃い
実走テストとなりました。


その後も、S9の製品サンプルをお借りして、ずっと使わせていただいておりましたが、
毎回履くたびに「うおっ」と声が漏れそうになります。
お尻の下からキュッと持ち上げられているような感覚、何回履いても新鮮さが薄れない
独特なフィット感こそS9の肝。技術的な裏付けがあるんです!!

ジャージの裾からハミ出したビブストラップの延長部分。ワークスマシンを彷彿させる
ロールバー構造が見えたら心して掛かるべし。そいつは本気モードだ‼︎


裾テープの裏側も見逃せません。
遂にシリコンのグリッパーが無くなりました!!
その代りに、ソフトタッチで、滑りにくい特殊加工が施されています。
ライド後も締め付け跡が残らず、肌にとってもやさし~い。

他にも色々と技術的なアプローチがあるんですが…。
もっと詳しいことを知りたい方は、是非当店にお越しください。
S9担当のヒタチがご案内させていただきます!!
※Tシャツは非売品です。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。