どうも、ロード担当 常陸です。
今シーズンの注目アイテムは何と言ってもS9世代のビブショーツ。
連日、店頭ならびに通販から多数ご注文をいただいております。
もちろん、人気が集中することを想定した上で、大量発注を掛けておりますが、
今のところ我々の予想を大幅に上回る消化率。
色×サイズの選択肢が絞られてくる時期の目安として、ゴールデンウィークが
ひとつのターニングポイントになるでしょう。

そんな華々しいデビューを遂げたS9世代ビブショーツの影に隠れて、
ひっそりと入荷していた『わすれな草』的なアイテムをご存じですか?
それが、久しぶりにアップデートされた オフロード シリーズ。
ASSOSらしからぬ、そして、極端に少ない入荷数が、逆に気になって仕方ない!!



ASSOS=ロードレースというイメージは今さら否定しようもありませんが、
世界的な潮流として、自転車の遊び方は、自由気ままに、土と戯れる方向へと
移り変わっているのです。
カリフォルニアを始め、各地で開催されているダートコースのレースイベント、
GIROGURINDUROがその火付け役と言って良いでしょう。
なんと、日本でもGURINDUROの開催が決まったようです!!

そんな流れもあって、ASSOS流に解釈された最新のオフロード シリーズが
気になって仕方無いのです。
詳しくは、通販サイトをご覧いただくとして、今回入荷したアイテムを
ざっとご紹介させていただきます。


XC SHORT SLEEVE JERSEY】 21,600円(税込) 全3色展開:ブルー、レッド、グリーン

筆頭は半袖ジャージ。全体の作りはマウンテンバイクのアップライトな乗車姿勢に合わせつつも、
ロードバイクでも通用する適度なフィット感。


肩の前側から脇下を包み込むように、ソフトなメッシュ素材で通気性を確保。
パネルの切り替えが複雑で、正面と後ろ姿では見た目の印象もだいぶ変わります。
グレーのパネルにあしらわれたキャタピラ模様が男前。

3分割のバックポケットに加え、右サイドにファスナーポケット付というのも嬉しい点。



TRAIL SHORT SLEEVE JERSEY】 13,608円(税込) 全3色展開:ブルー、レッド、グリーン

同じく半袖ジャージですが、こちらは“かぶり”のタイプ。
その名の通り、MTBのトレイルライド用に開発されました。



ボディは特殊な織り目を持つ吸汗速乾性の素材で、サラっとした肌触り、そして超軽い。
首回り、脇下はメッシュ素材で通気性を確保しあります。



パッと見はTシャツ風のラフな印象の為、これがASSOS!? と思われがちですが、
素材&作りは手抜き無しというのが流石。このギャップにやられます。
やはり、後ろ姿が男前ですね。



ボトムスはカーゴショーツとパッド付インナーショーツの2種類。


TRAIL CARGO SHORTS】 18,144円(税込) カラー:ブラックのみ

薄い・軽い・動き易い、素晴らしい履き心地。
実用面では本格トレイルから街乗り、輪行にも、これ一本でかなりの守備範囲を誇ります。
両サイドのファスナー付の収納ポケット が便利。
野暮ったさが一切無く、普段着として使いたくなるデザインですね。



TRAIL LINER SHORTS/パッド付きインナーショーツ】 16,848円(税込)カラー:ブラックのみ
カーゴパンツと合わせてお使いいただけるインナーパンツ。
アソス自慢の低反発パッドが搭載されいますので、オフロードシーンに限らず、
ピチピチのレーパンを履くのは抵抗があるけど、お尻のクッションが欲しいという
街乗り的なカジュアルスタイルにもバッチリ。
太腿の外側に搭載された衝撃吸収パッドは、転倒時の怪我予防にも効果的です。


XC ソックス】 2,376円(税込) カラー5色展開

ソックスも充実のカラーバリエーション。
ぶっちゃけ、ロード用でもこういうカラー出してくれよと言いたくなるくらい、
どれも雰囲気のある色味ですね。ていうか普通にロードで履こうと思いました。


本日より通販サイトにアップしております。
最新の在庫状況は通販サイトをご確認くださいませ。→ http://www.e-apst.com/

これらオフロードシリーズは、もともとの入荷数が少ない上に、相原率いるMTBチームが
虎視眈々と狙っています。 彼らの餌食になる前に、早めにゲットしてください!!


SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。