「どれにしようかな~」
現在当店、12種類ものサマーキャップのご用意がございます。
正直、売り場を取り過ぎて困っているくらい…。

サマーキャップには、庇(ひさし)、アイウェアへの風の侵入軽減、汗取り等の
機能的な役割もありますが、お気に入りのキャップを幾つか用意しておいて、
その日の気分によって使い分けるような、コーディネートアイテム的要素の方が
実際はけっこう強いのかもしれません。



例えば、写真のUSAサイクリング キャップ。
USAのジャージは「絶対に無理!」と思ってしまう方も、キャップ(&ソックス)
だけならそれほど抵抗なく使っていただけると思います。
このデザインは被るだけで、程良いお洒落感を演出してくれる気がします。
アメリカンブランドのバイクにお乗りの方でしたら、なお使いやすいでしょう。
キャップをコーディネートの主役にしてしまう感じです。





個人的には、現在のアソスの主流、ツバの横幅が狭いタイプのサマーキャップ
(ミレキャップ EVO8、エクスプロイト キャップ EVO7、メルセデス FF1 キャップ)
がすっかりお気に入りで、最近はそればかり被っています。
なにせ左右の視界が広くて調子がいいのです。

さらに帽子本体部分、左右両側のパネルがメッシュになっている
ミレ キャップ EVO8 と、エクスプロイト キャップ EVO7 は、
全体がコットン素材の物と比較し、圧倒的に涼しく、これからの季節はオススメです。

お店にいると、「俺、キャップ似合わないからな~」というお客様の声を
時折耳にしますが、キャップは似合う、似合わないではなく、「慣れ」です。
不思議ですが、被っているうちにだんだん似合ってくるものです。
是非この機会に、食わず嫌いを克服してみませんか?
けっこう有用ですよ。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。