アイハラです。いつも当店をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
年始から始まったセールの方もだいぶ落ち着き、少し時間が出来ましたので、今日は当店が通販の発送前に行っている作業の様子を、この場所を借りて少しご紹介させていただこうと思います。まぁ、今さらと言えば今さらなのですが。

ASSOS製品について熟知している者が検品・発送しているから安心。

皆様ご存知の通り、当店は私アイハラとヒタチ、実質二人でやっている、小さな小さなお店です。従って通販の発送作業も完全に私たち二人で行っています。大きなショッピングサイトとは異なり、発送業務を外部に委託していません。従って、ある意味「ASSOSのプロ」である二人が、きちんと検品してから発送していますので、お客様にとってはとても安心だと思います。

お客様からご注文が入ると、お客様にお渡しする「納品書」と、私どもの控えである「受注伝票」2枚を印刷。受注伝票の方は、間違いを防ぐ為に、肝心な箇所にマーカーをします。例えばここでは、MILLE GT WINTER JACKET なのか MILLE GT ULTRAZ WINTER JACKET なのかを間違えないように注意です。

その後一人は検品作業を行い、もう一人がヤマト運輸などの送り状を作成します。基本二人で作業するのはダブルチェックが出来るから。

まずは、製品、バーコードタグ、外装の色・サイズが一致しているかをチェック。
その後製品を開いて、悪い所が無いか検品していきます。

検品の際、私たちは製品の表側だけでなく、表裏をひっくり返して、内側もしっかりチェックします。

細かな糸の飛び出しまで処理するから、後々綺麗な状態を保てる。

ここで登場するのが、こちらのプロ用糸切りばさみ。アイハラ用、ヒタチ用それぞれあります。刃先が常に手入れされ、ものすごい切れ味。たまに刃先に誤って触れてしまいザックリやってしまいます。

ASSOSの製品のほとんどは非常に高い品質で、工場出荷時の状態でも相当綺麗な状態なのですが、私たちの所で最終の仕上げという気持ちで、さらにもうひと手間加えていきます。

 

製品全体に不具合箇所が無いかをチェックしながら、写真の丸で囲ったような、糸の処理が甘い所を綺麗にしていきます。この糸をきちんと処理しておくと、洗濯を繰り返してもここに毛玉の付着が見られず、綺麗な製品の状態が保たれます。

ビブタイツも裏表ひっくり返して、パッドの裏側までチェック。

タイツ、ショーツは、本体生地とゴールデンゲート パッドの縫い合わせ箇所の糸の処理が甘くなりがち。この部分の糸をスパッと切り落とします。

サスペンダーのジョイント部分は強度を保つ為、非常に複雑なステッチとなっています。ここも出来るだけ綺麗にしたいっ!

プロパー、セールに関わらず、チェックする。

ブルガリアの専用工場で製造されるASSOSのタイツ、ショーツ類は本当に綺麗な状態です。わざわざ開梱する必要無いのではないかと思いますが、やはり見ないで発送するというのは出来ません。これは性分なのでしょうね。当店ではたとえセール品であっても同様の手間をかけて、作業を行っています。

インナーや小物なども同様に検品を行います。


このように毎日製品に向き合っていると、その製品の癖のようなものがわかってきます。「この製品、ここの糸の処理がいつも甘いよな〜」的な。スキンフォイルの場合は、袖の内部のステッチの処理ですね。

ウィンターグローブならば、上の囲みの箇所と、

上の囲みの箇所、カフの内側部分でしょうか。

レッグウォーマー。

サマーキャップは一番厄介者かもしれません。

透明な糸(テグス)は額に刺さると痛痒いのでしっかりと処理。

ASSOS、SMITH 問わず、サングラスも開梱してしっかりとチェックしています。

そして、やっとこさ箱の中へ。実際に結構時間がかかります。20件以上注文がある時は、10時から作業を始めて午後4時頃までかかることも。

もちろんこのような検品作業は、お店でご購入いただく際も同様に行っています。試着を終えてお会計に入るまで、当店では少々お時間をいただいておりますが、その作業を行っているから。ちょっとお待たせしてしまいますが、お客様に出来る限り綺麗な状態で商品をお渡ししたいのです。

当店を初めてご利用のお客様には、お洗濯やアフターサービスの手引きを同封しています。

これでようやく封が出来ます。

「自分だったら、どのような状態で届いたら嬉しいか」が基準。

いかがでしょうか?結構細かいことをやっているのをご理解いたけたのではないかと思います。この細かさゆえに、私たちは代理店にもメーカーにもある意味、嫌われているかもしれません。ですが、お客様に最高の状態でASSOSの製品をお届けして、喜んでいただきたい。そんな気持ちでおります。自分が買う立場だった時、どのような状態で届いたら嬉しいか、が基準とでも言いましょうか。

幸い、超近眼ゆえ、私アイハラはまだ老眼が来ておらず、あいにく手元の細かい所までしっかりと見えている状態です。(ヒタチは少し老眼来ているようですが。)私の目が見え続けているうちは、今後もこのスタンスでやっていきたいと思っています。

まぁ、こんなカッコつけたことを言っていますが、時折出荷間違いや不具合の見落とし、また処理仕切れていない箇所などがあることも事実です。そのようなご指摘をお客様からいただいた際は、実際私たちはとても恥ずかしい思いでおります。そのようなことが、出来る限り無いよう、今後もより一層努力して参ります。

簡易包装を心掛けています。

当店ではなるべく環境負荷の少ない資材で発送することを心掛けています。できるだけ石油由来のものを避けているつもりです。従って、一見簡素な包装に見えるかもしれませんが、何卒ご理解をいただけましたら幸いです。

かつては製品を一つ一つ丁寧に包んでいたプチプチも、現在はほとんど使っていません。サングラスを梱包する際くらいでしょうか、今では。以前はこのプチプチのロールを相当消費していました。もちろんコスト削減の意味もありますが、個人的にマイクロプラスチック削減を意識しています。同様に、納品書を入れていた透明袋もある時から完全に使用を止めました。日本では、すぐに捨ててしまうようなプラスチック袋の使用が多すぎますよね…。

配送は信頼のヤマト運輸。

最後に配送について。
商品の配送は基本、ヤマト運輸一択とさせていただいております。(一部小さなお荷物は日本郵便。)なぜならば、やはり信頼がおけて、利便性が高いから。自分で通販で買い物なんかをしていて感じるのですが、お届け時間の厳守や再配達の際の便利さ、荷物の扱いの丁寧さなど、ヤマト運輸は他の運送会社とは一線を画していると思っています。
正直、一昨年の運賃値上げ以降、送料の負担が収益を圧迫している事実もあるのですが、出来れば今後もヤマト運輸での配送を継続していきたいと考えております。

とにかく当店は発送が早い!

小所帯でやっていることのメリットは、発送が非常に早いことなのではないでしょうか。外注ではないので、デッドラインはヤマト運輸の集荷のみ。ある意味、自分たちが出そうと思えば、いつまでも出せる!

なにせ自他共に認める超せっかちな私。通販サイト内には「当日出荷は17時受注分まで」と記載がありますが、実際には平日ならば19時近くのご注文までその日の内に発送していることは、ご利用いただいている多くの皆様が、すでにご存知のことかと思います。せっかくASSOSをご注文していただいたのだから、早くお手元にお届けして、使っていただきたい。そんな気持ちでおります。規模はともかく、スピードは○mazonにも負けてないつもりです。

通常、当店にヤマト運輸の担当者は毎日17時頃に集荷に来ます。ですが上の写真にあるように、ヤマト運輸の集配センターはすぐ近所。従って、17時以降でもセンターへ持ち込む形で、商品を発送し続けています。
ヤマト運輸の集配センターからトラックの出発するのが、平日は19時半。土日祝が18時です。ですからその時間までは、可能な限りあがいております。夜、荷物を持った私たちがダッシュしているのを目撃したら、「粘ってるな〜」と笑ってやってください。

以上、かなりどうでもいいことも含めて、当店の通販事情をご案内させていただきました。今後とも当店通販をどうぞよろしくお願い申し上げます。皆様のご利用をスタッフ一同、心よりお待ちしております。

 

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。