どうも。ゆるサイクリング担当の相原です。
今日は ”尾根幹” 周辺に出没。

 

川崎市麻生区出身の私。現在もその辺りに住んでいるのですが、物心がついた時から家のすぐ裏側に、
多摩ニュータウンを貫く南多摩尾根幹線道路(通称 尾根幹)が走っておりました。
オートバイの免許を取ったらオートバイで。クルマの免許を取ったらクルマで。
そして現在は、自転車で走ることが一番多いでしょうか。
気がつけば、尾根幹周辺を走り続けてウン十年。なので、人よりチョットその辺りについて
詳しいかもしれません。
都心にお住いの方は、多摩サイ経由で尾根幹に向かい、その起伏に富んだ片道17kmの道路を利用して
トレーニングという方が多いかもしれませんね。
そんな「トレーニングする為の道路」のイメージが強い尾根幹ですが、一歩外れるとこんな場所が
広がっています。
ざっくり言ってしまうと、尾根幹は東西に走っているのですが、その道を南側にそれると、
昔ながらの景色が残っているのです。
町田市小野路。東京で唯一、日本の里100選に選ばれた地域です。
この道は昔「布田道」と言って、江戸から調布・府中へ抜ける道の一つだったそうです。
過日にご紹介した日野の道場へ、近藤勇が市ヶ谷からこの道を通って、剣術を教えに
行っていたのだそう。
どうでしょう。
たまにはいつものコースから一歩外れて、のんびりしてみると、新たな発見があるかも!
自転車はそれが出来るからいいんですよね。
そして、このエリアの休憩、ランチ処としてお勧めなのがこちら。
小野路宿里山交流館
昔の小野路(おのじ)宿にあった旅籠 角屋を改修し、観光交流の拠点として再整備した施設。
インフォメーションセンター、お土産販売、食事処、ギャラリーなどの機能があり、
建物の中も外も、いつ訪れても美しく整えられています。
そしてもう一つ嬉しいのが、簡単な食事ではありますが、安くて美味しいものが
いただけること!
ざるうどんが550円。コロッケ110円。いなりは200円だったかな?
食べ過ぎ?
ざるうどんはつけ汁にごぼうの出汁がきいた田舎風。素朴な味で美味い。
コロッケも絶対に食べた方がいいですよ。
土日に行ったことがないので、食べたことはないのですが、土日限定の
お赤飯もあるらしいです。
「裏尾根幹」ゆるサイクリング。
もしご要望がありましたら、開催も検討しますので、お店でスタッフまでお申し付けください。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。