みなさん、こんにちは! ASSOS PROSHOP TOKYO アイハラです。
今日は SMITH(スミス)のサイクリング向けサングラス、REVERB(リバーブ)をご紹介させてください。

当店の人気No,1が REVERB

当店ではアメリカのブランドである SMITH(スミス)のサングラスを多数取り扱っていますが、実はこの REVERB(リバーブ)が、最も当店のユーザー様の支持を集めている(=売れている)製品です。ちなみに次点は WILDCAT (ワイルドキャット)です。

正直言って、現在のスミスのサングラスのラインナップの中でこの REVERB は、ぱっと見、やや地味な存在に映るかと思います。「REVERB が一番人気がある。」と SMITH JAPAN の担当の方と話すと、「意外ですね。」という反応が返ってくるほどです。SMITH 全体の中で見ると、もっと派手で "やんちゃ" なモデルが人気があるようです。

ですが、この REVERB が一番人気という点が、当店のお客様 = ASSOS のユーザー様の傾向を表しているのかなと、個人的にはちょっと嬉しく思っています。

クレバーな選択が REVERB

ご覧の通りREVERB はとてもシンプルで、ソリッドな印象のモデル。上下左右どこにもフレームが無いことにより、どんなポジションをとっても視界に余計な物が入ることがなく、何かを掛けていることを感じさせません。物理的な重量も、ライナップ中最も軽量な26g(実測値)に仕上がっています。「超軽量」を謳う ASSOS の ZEGHO G2 とほぼ同じ重量なのは、実は結構凄いこと。

そして SMITH のサングラスに共通する最大の特徴が、レンズの良さ。 ChromaPop(クロマポップ)と呼ばれるオリジナルのハイコントラスト レンズは、裸眼よりも対象物を見やすくする効果が大。そしてレンズを通した視界が意外なほど明るく見えるのが特徴。数値で示される VLT(= 可視光線透過率)の同じ物を他社製と比較した場合、SMITH の方がかなり明るく見えます。これは十数層からなるレンズのコーティング一層一層のクオリティが高いからだとか。

必要な機能をとことん追求し、余計なモノは取り除いて、残った物がこれ。そんな引き算的な考えの下に出来上がったのが REVERB 。シンプル イズ ベスト。このような禅の精神のような考え方は、アソスのウェアにも繋がっているような気がするのです。

コンパクトですっきりした見た目は、女性サイクリストにもオススメ

REVERB のレンズの大きさは、横方向が135mmと結構ワイドなのに対し、高さを50mmに抑えていることで、威圧感が少なく、すっきり、控えめな印象です。SMITH 一眼レンズタイプのサングラスの中では最もコンパクトなレンズの為、お顔の小さな女性の方にもフィットしやすいモデルです。実際に SMITH 本国(USA)のサイトを見ていても、このモデルは女性が使っているシーンの写真が多数掲載されています。

しかし、決してサングラス自体が小さいわけではなく、そのさじ加減が絶妙なので、これを男性が掛けても全く問題ありません。実際に当店でもお求めになられる方の半分以上は男性のお客様なのが実情です。

サングラスは3種類くらいを使い分けるのが理想

サングラスを掛けた際に、主張の強いフレーム(形状&カラー)が存在しないことで、お顔本来の印象の邪魔をしないというのも REVERB の特徴。個性的なフレーム形状やカラーのサングラスも楽しいのですが、そもそも掛けている本人の飽きが来るのが早いですし、周りから見た時の印象が、主張の強いサングラスのせいでいつも同じ印象になってしまいがちです。

個人的な考えも含みますが、サングラスは REVERB のようなニュートラルな印象の物をまずは基本とし、あと2種類くらい、見た目の印象やレンズのキャラクターの異なる物を揃えて、その時々によって使い分けるのが理想かと考えます。洋服や靴を毎日同じ物を使わないように、サングラスも幾つかの種類をTPOによって使い分ける。その方が自分も飽きが来ませんし、製品自体も長持ちすると思います。

REVERB を選ばれる方のお話を伺っていると、いろんな種類をずいぶん使ってみた挙句に、改めてこの形に "戻ってくる"。そんなお客様が多い印象です。

ロードだけでなく、MTB やグラベルバイクにもオススメ

元々 SMITH というブランドはスノーゴーグルが出自である為、横乗り系の方に強く、本国アメリカではロードよりもむしろ、マウンテンバイクやグラベルバイク乗りの方の支持の方が高いブランドかもしれません。

SMITH のサイクル用サングラスのほとんどの物が、とても柔らかい素材フレームと、フィットの高いノーズラバー、テンプルラバーを採用しています。激しい動きに対してもズレたりしにくく、ダートやトレイルを走るシーンなどにも最適です。フィットがしっかりしている一方で、フレーム形状や素材の工夫から、耳の上への当たりは非常にソフト。長時間の装用でもストレスがありません。このような掛け心地の優しさも、スミスのサングラスの特徴の一つかと思います。

REBERB の正式名称は PivLock REVERB と言います。"PivLock"とは「Pivot Lock」=回転式ロック機構 のレンズ交換方法を示します。上の写真のようなピボットにより、容易にレンズを交換することを可能にした機構のこと。
見ればとてもシンプルな構造なのですが、扱いが簡単で、ガタつき等もなくしっかり固定されています。この部位に金具などが存在しないので重量増になっていないのも、この装置が非常にクレバーだと感じさせる点です。

SMITH の多くの自転車向けサングラスにおいては、2種類のキャラクターの違うレンズがセットとなっています。REVERB の場合、主に晴天時に使うメインレンズとは別に、コンディションの悪い日や、薄暗い場所向けに適したピンク色のサブレンズが付属されています。

前述の PivLock システムによって、レンズの交換は超簡単。その日のライド内容やコンディションによってお好みのレンズをチョイスしてください。また、サブレンズをジャージのバックポケットに忍ばせておいて、時間帯によってレンズを換えるというのも大いにアリです。

パッケージの内容物はご覧の通り。テンプル1種類、2種類のレンズ、2種類のノーズラバー、マイクロファイバー製巾着袋のセットが、衝撃にも強いジッパー ハードケースの中に入っています。頬とレンズの接触を防ぐ為のアジアンフィット ノーズラバーが最初から装着されていますので、多くの日本人のお客様においてもちょうど良いフィットを体感いただけると思います。

使われているレンズによってお値段が少々変わりますが、REVERB は ¥28,600 〜 ¥30,250(いずれも税込)。本日2月15日時点で、お店の方には3種類を在庫しておりますので、気になった方は店頭で実際に試してみてください。また遠方のお客様に向けては、当店オンラインストアにてもご案内しております。よろしければ、こちらからもどうぞご利用くださいませ。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。