こんにちは! ASSOS PROSHOP TOKYO アイハラです。
今日は SMITH OPTICS から登場した 2022シーズン注目の新モデル、BOBCAT(ボブキャット)アジアンフィットについてご紹介させていただきます。

と、その前に。現在スミスのアイウェアコレクションにおいて、最も人気のあるモデルが WILDCAT(ワイルドキャット)だそうです。2019年春の登場以来、既に3シーズンが経過していますが、依然高い人気を誇り、その間ニューモデルが登場しても、人気No,1 の座はずっと WILDCAT 。

これは何も当店だけの話ではなく、SMITH JAPAN においても、本国アメリカ SMITH USA でもまた、同じことのようです。とにかく世界的に WILDCAT が争奪戦状態のようで、当店でもオーダーしていても、なかなか商品が入ってこないというのが実際のところ。

こちらが不動の人気No,1! WILDCAT

WILDCAT 大き過ぎ!?問題

5ベースのカーブの曲がりが浅いサングラスは、我々顔が平べったいアジア人にとっても掛けやすく、上下左右大きいレンズにより、目を保護する効果も高い。そして何より、少し前の時代のゴーグルのような、クラシカルな見た目が、肩の力が抜けていてクールに映る。一般的には、サングラスのカーブの曲がりがキツいほど、スピード感、レーシング感が強くなり、サングラスのカーブが緩く、平たくなるほどにゆったり、カジュアルな雰囲気になっていくと言われています。WILDCAT のそんな「緩め」のテイストが、今の自転車シーンにしっくり来るのでしょうね。

そんな人気のワイルドキャットですが、弱点が一つ。それは「大き過ぎる」こと。これは全ての人に大き過ぎるのではなく、一部の人にとってということです。顔の小さな方や小柄な女性が掛けた際に、ワイルドキャットは上下方向に非常に大きいので、「でっかいのしてるな〜」という印象になりがち。また、フィットも甘くなり、グラグラ鼻の上で動いてしまう。そして何より、サングラスの上端がヘルメットの額部分に干渉してしまう。

幸い顔の大きな私はワイルドキャットを掛けても何の問題もないのですが、例えば身長154cmのうちのカミさんに掛けさせると、顔に対してサングラスが大き過ぎて収まりが悪く、サングラスの上端がヘルメットに当たってしまう。特にダートを走る場合は、ガンガン当たってしまい使い物にならない感じのようです。実際にお店でも、ワイルドキャットをお求めになられた女性のお客様は、過去に遡ってみてもほとんどいらっしゃらないのが実情です。

こちらが新製品 BOBCAT。サングラス上端とヘルメットの額部分の位置関係にご注目ください。

スミスの人気No,1モデル、WILDCATの妹分が BOBCAT

そんな問題を解決する為に、BOBCAT(ボブキャット)は誕生しました。大人気モデル WILDCAT をベースとしながら、サイズ感を絶妙にコンパクトにし、テンプルの取付け位置も微調整。またフレームの線を細くし、レンズ下部のカーブライン、横方向への張り出しを抑えました。これらにより WILDCAT 特有の「土臭さ」が和らぎ、スッキリとスタイリッシュな印象に仕上がっています。加えて、小顔の男性や特に女性にとって、レンズサイズを持て余すことなく、圧倒的に掛けやすくなりました。

BOBCAT は、WILDCAT と同じ左右幅135mmを確保しながら、上下幅を3mm小さくし、59mmとしています。数値にすると僅か3mmですが、この差は意外な程に大きく、前述のお顔の小さな方が大きなサングラスを掛けた際に発生しがちな、アイウェア上部とヘルメットの干渉を大きく軽減させています。


BOBCAT は様々なアクティビティに対応します!

ボブキャットはまさにスノーゴーグルのように、広大な視界を鮮明に映します。一見、日本人である我々には似合わなそうな印象がありますが、全然そんなことはありません。5ベースの非常にカーブのゆるいレンズを使用しているので、頬との干渉が少なく、掛けやすさは抜群。「サングラスが頬と接触してしまってイマイチ」という方は、是非 ボブキャットを試してみてください。長年のお悩みが解決されるかもしれません。

加えて、当店で販売している SMITH JAPAN 正規製品は、アジアンフィット ノーズラバーに付け替えられています。これにより、より頬とレンズの接触がしにくく、且つ鼻の部分のフィット感・ホールド感が抜群。ロードバイクシーンのみならず、グラベルバイク、マウンテンバイク、ジョギングやトレイルランニング、ハイキングなど、さまざまなスポーツに対応します。


SMITH OPTICS の代表的な5ベースのサングラス、WILDCAT・SHIFT MAG との比較

写真左より、WILDCATBOBCATSHIFT MAG の順に並べてみました。
こうして正面からみると、BOBCAT と SHIFT MAG のサイズ感は、ほぼ同じといったところ。一番左の WILDCAT だけが上下方向に大きい感じです。

サイズ感については、この写真の方がより分かりやすいかもしれません。
斜め方向から見ると、よりサイズの違いが明確になります。そしてサイズだけでなく、テンプルの取付け位置や、フレームの線の太さ、レンズ下部のカーブラインなども異なっていることがわかります。

WILDCAT は、「ワイルドでタフ」な印象。
BOBCAT は、「スマートで洗練」された印象。
SHIFT MAG は、「クールで未来感強め」な印象。

というのが私アイハラのそれぞれから受ける印象ですが、いかがでしょうか?

当店では SMITH のサングラス、ヘルメットの実物をお試しいただけます。

BOBCAT のカラーは4種類。本日3月26日時点では4種全て店頭に揃っています。SMITH というブランドの特徴は、塗装の仕上げとカラーリングが非常に美しい点にあると思っています。印刷物やWEB上の画面では伝わりにくいカラーが多いのが特徴。ですので当店では、様々な種類やカラーの SMITH のサングラスとヘルメットを揃え、実物を手にし、お試しいただける環境を作っています。是非お店に足をお運びいただき、実際に手に取ってみてください。

最後に。 SMITH JAPAN さんも再三アナウンスされていますが、パンデミックやウクライナ危機による生産拠点や物流網の混乱などから、先の商品の入荷が本当に見えない状況のようです。また、原材料の高騰や、円安にふれていく為替の状況を鑑みると、しばらく海外からの輸入製品は、供給と価格について不安定な状態が続くと思われます。それはアソスも同様です。ご興味を持っていただけましたら、早めにアクションしていただくことをお勧めします。皆様のご来店をお待ちしております。

SHARE