WYNDY MILLA といい、ASSOS SPEED CLUB といい、今シーズンは髑髏ジャージの勢いが止まりませんね。
しかし、その勢いを跳ね返すほど、今一番HOTなジャージは何かと申しますと、限定シリーズ第2弾として登場してきた『FASTLANE ROCK SS JERSEY / ファストレーン ロック SS ジャージ』でございます。

髑髏ジャージはカッコイイけど、実際に着るのは抵抗があるという意見も多いようで…

WYNDY MILLA や ASSOS SPEED CLUB は、外部のデザイナーを起用することで、奇をてらった感も否めませんが、対して、FASTLANE ROCK SS JERSEY は、ASSOSデザインチームによる“正統派”。
ASSOSらしい高度な機能とデザインの融合をはかった、“ツボを押さえた”ジャージという訳です。

一般公開されるよりも半年以上前に、各国の販売トップを集めたプレゼンテーションが行われるのですが、その会場でスタンディングオベーションを巻き起こしたのが、この FASTLANE ROCK SS JERSEY。

幾何学模様の中に、ASSOSの『A』ロゴが組み込まれた巧妙なデザイン。
それに気が付いた瞬間、私も「やられた!!」と思いました。
世界中のASSOS関係者が一瞬で恋に落ちたというのも頷けます。

 


 

FASTLANE ROCK SS JERSE は、主力レーシンググレードの EQUIPE RS AERO SS JERSEY を踏襲しつつ、
快適性向上の為に縫製・素材をアレンジした作りになっています。
ここからは、『FASTLANE ROCK』と『EQUIPE RS』を比較しながら、両者の共通点、相違点を探ってまいります

気化熱を利用した空冷素材

ヒラヒラ、スケスケの見た目は、いかにも涼しそうな素材。
しかし、ただそれだけで終わらないところが、ASSOSのハイテク素材の凄いところ。

『FASTLANE ROCK』と『EQUIPE RS』とでは、ボディ正面に使われている素材は違いますが、表面に微細な凹凸のある織り方という点では共通しています。
風を受ける面積を増やすことで、汗の発散を促進して、身体の熱をクールダウンさせる効果が倍増。
汗の気化熱(体温を奪う)を利用した素材は、真夏のライドで真価を発揮してくれます。

 

背中のこだわりが凄い

背中のメッシュパネルは共通して『 Stabilizator V7(= Type 220)』が使われています。
実は、この背中の素材がめちゃめちゃ頭が良いんです。
独特なレース状の織り目は、横方向へは良く伸びて、身体を包み込むフィット感は抜群。
そして、縦方向は強く引っ張っても、ほとんど伸びません。

バックポケットに持つを詰め込んでも、揺さぶられたり、ずり下がることなく、また、シルエットも綺麗に保ってくれる安定性という点でも優秀。
ジャージ選びのポイントとして、機能を優先したい方は背中の素材に注目してみてください。
レース状の織り目が上位モデルの証です。

 

気持ち良い~ 段差の無い袖口

ASSOSでは定番となりつつある、袖口の『LOW CUT』処理。

レーザーカットで切りっぱなしにすることで、余計な縫い目や段差が無く、素材の柔らかさをそのまま生かして、腕をフラットに包み込んでくれるのです。
薄くて、すべすべして、本当に気持ち良い~。

 

着丈の違い

着丈を比べてみると、『FASTLANE ROCK』の方が長い = 『EQUIPE RS』の方が短い、というのが一目瞭然。

ASSOS全体で見た場合、『FASTLANE ROCK』の方が標準的な着丈と言えます。
対して、『EQUIPE RS』の着丈が短い理由は、より深い前傾姿勢でも、お腹の生地がダブつかないようにする為。
エアロジャージらしく、そぎ落とされた着丈になっているのです。

 

 

フィット感は微妙な差

それから、フィット感ですが、同じSサイズ同士を重ねてみると、肩幅と胸囲はほぼ同じくらいの大きさです。
袖は前向きに取り付けられ、前傾姿勢でも胸の前がたるまずに、ピシッとしたレーシングフィットは共通しています。

ウェスト周りを見ると『FASTLANE ROCK』の方が片側1cmくらい大きく、ややリラックスしたフィット感。
この微妙なフィット感の差に、両者のコンセプトの違いが感じ取ることが出来ます。
全く“遊び”の無い『EQUIPE RS』か?
少し“遊び”のある『FASTLANE ROCK』か?

『バリバリ伝説』世代の私が、オートバイに例えさせていただきますと・・・

『EQUIPE RS』は、500cc 2ストローク V型4気筒 エンジン搭載のワークスマシン。
コーナー立ち上がりの加速&ストレートの最高速が命。暴力的な挙動を抑え込めるかどうかは乗り手次第。

『FASTLANE ROCK』は、750cc 4ストローク 直列4気筒エンジン搭載の市販車に、マフラーを改造した街道レーサー的なノリ。エンジン回転数の全域でトルクフルな力強さに加え、意外と小回りも効いて、“じゃじゃ馬”感が楽しめる乗り味。

この例えが適切かどうかは別として・・・
この微妙なフィット感の差にこだわるかどうか? 選択方法の一つかと思います。

 

デザインは共通の女性用も登場。

ようやくですが、先日の入荷で女性用も全カラーが揃いました。
カラーは全3色展開。PONG PINK(ピンク系)は女性用ならではのカラーリングとなります。

『FASTLANE WOMEN'S ROCK SS JERSEY LIMITED EDITION』

左 BOOSTER / ブースター(マルチカラー)   中 PONG PINK / ポン ピンク   右 DAM BLUE / ダム ブルー

メンズのパターンと比べるて、肩の切り替えは丸みを帯びており、ウェストラインは柔らかいカーブを描きつつ、骨盤のあたりでフレアに広がっています。
多くの女性にとって着易いように、締め付け感は少なく、生地のシワも目立ちにくく、スッキリとしたシルエットにこだわりました。

 

シリーズの最後を飾る『FASTLANE CAP』

ソックス、ジャージの順に登場してきた『FASTLANE』 シリーズですが、実は、この後の予定として『FASTLANE CAP』も登場してまいります。
ジャージ、ソックス、キャップの3アイテムが揃うと、シリーズが完結するという訳。

BOOSTERカラー(マルチカラー)を纏った斬新なデザインは、サイクルキャップのコレクションに加えたくなりますね~。

頭から足元まで一貫してアイテムが揃うのは、ASSOSでは貴重だったりしますので、それも、ASSOS関係者から大絶賛された理由の一つかもしれません。
いずれにしても、キャップの到着が待ち遠しいですね。
キャップの入荷は5月末の予定していますが、それまでに、今あるジャージ、ソックスは完売になってしまう可能性も大です。
気になるアイテムは今のうちにゲットしておきましょう。

現在、実店舗はお休みさせていただいております。
商品のご注文はオンラインストアのご利用をお願いいたします。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。