日本では幻と言われたジャージ。

当店ASSOS PRPSHOP TOKYO アイハラ&ヒタチが特別な思いを込めて、ASSOS社へオーダーしていたジャージが、昨日19日(日)に到着してまいりました。

そのジャージがこちらの『ASSOS SPEED CLUB JERSEY / アソス スピードクラブ ジャージ
また新しいジャージが登場したの? と思われるかもしれませんが、そんな簡単な話ではありません。
そもそも『ASSOS SPEED CLUB』とは何ぞや?ということからご説明いたしますと、世界中のASSOSユーザー同士を繋ぐコンテンツとして、2019年度より活動をスタートしたコミュニティー(会員クラブ)のこと。

スイスを始め、イギリス、ドイツ、アメリカ、オーストラリアなど、世界各国のASSOS旗艦店では定期的にプレミアムライドが開催され、また、Zwiftを使ったバーチャルレースで熱戦が繰り広げられたりと、とにかく、ASSOS大好きな連中が集まって、みんなでワイワイ楽しくやろうぜ!! といった精神で活動しています。

そんな自由な精神を象徴するアイテムがこの『ASSOS SPEED CLUB JERSEY 』という訳。
しかしながら、日本におきましては『ASSOS SPEED CLUB』の組織運営が行われていない為、ジャージだけを販売することも叶わずにおりました。

 

ASSOS社へ直談判。日本へ元気を届けてくれ!! 

世界中で新型コロナウィルスの感染拡大が深刻化するなか、当然のことながら、我々サイクリストも「誰かに感染させない」自粛が求めらています。グループライドは絶対ダメ!!

一方で、軽く汗を流す程度の運動は免疫力アップにつながることから、室内トレーニングや、単独でのサイクリングであれば推奨する声もあります。
サイクリングは生活する上で絶対に必要とは言えませんが、健康的なカラダ作りだったり、自然と触れ合うことで感性が豊かになったり、生きる力を与えてくれると我々は信じております。

今は先の見えない長いトンネルかもしれませんが、諦めなければいつか必ず出口に辿り着くはず!!
こんな時だからこそ、互いに励まし合い、絆を深める“熱いメッセージ”が必要なんだと思い立ち、急遽、ASSOS社へ直談判。
それに応えてくれる形で、30枚を届けてくれたというのが今回の経緯となります。
日本では当店のみ取扱いとなります。

 

ジャージの機能及びデザインに関する詳細は、下記リンク先より、オンラインストアの商品説明をご覧ください。
https://www.e-apst.com/?pid=144812900

 

『ASSOS SPEED CLUB』 の主要メンバー

左:アンドレア・ベルルスコーニ 氏(スイス本店 ASSOS Boutique Lugano 店長)
中:フランコ・マルブリ 氏(スイス代表 元トラック競技選手、アテネ五輪で銀メダル獲得など)
右:パトリック・シーベース 氏(スイス出身、ASSOS メインアンバサダー)

 

フィリッポ・ポッツァート 氏
数々のクラシックレースで活躍。ピッポの愛称で親しまれるイタリア出身の伊達男といえばこの方。
2019年からASSOSのメインアンバサダーに就任。パトリック・シーベース氏との2枚看板です。

 

 

そして、ツール・ド・フランス 5連覇を成し遂げたレジェンドも ASSOS SPEED CLUB のメンバー。
スペイン バスク地方出身の太陽王こと、ミゲール・インデュライン 氏。

実に魅力的なメンバーで構成されていますね。
私も仲間に入れて欲しい~。
日本におきましては、会員の特典が受けられるわけではありませんが、この『ASSOS SPEED CLUB JERSEY』を着ることで、世界中のASSOSユーザーと繋がる素敵な未来が待っている筈。
「あの時は大変だったけど、自転車に乗っていて良かった」と言えるように、ワタクシもこのジャージを購入しようと思います。
全サイズ合わせて30枚と、数は非常に少ないのですが、皆様にも是非おすすめいたします。
※ 4/20終了時 残り半数以下となっております。

 

※最後に運営に関する重要なお知らせ。
新型コロナウイルスの更なる感染拡大を受けて、当面の間、実店舗の営業を休止とさせていただき、オンラインストアは引き続き営業を続けてまいります。
また、オンラインストアの商品発送については、スタッフの通勤を減らして対応させていただく関係で、これまでの毎日発送可から、週3回の 月曜日・水曜日・金曜日 に商品発送とさせていただきます。
お届けの日にちにご注意くださいませ。
情勢は日々変化しておりますので、今後の運営につきましても、トップページの『お知らせ』をチェックしていただきますようお願いいたします。
お客様には大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。