どうも、ASSOS PROSHOP TOKYO の常陸(ひたち)です。最近、GIRO STUDIO TOKYO の内田と遊ぶことが多いワタクシ。つい先日も一緒に遠征ライドへ出掛けてまいりました。別にオトコ男同士でイチャイチャしたい訳じゃありませんよ。お互い、他に遊んでくれる人がいないだけ…。

今回の行き先は、群馬県の北西部、中之条町の「六合」という地区。「六合」=「くに」と読みます。「古事記」、「日本書紀」に六合の表記があり、そこに「くに」と読みが付けられていることに由来するとか。かつては、入山、生須、小雨、太子、赤岩、日影 という六つの集落が合わさった「六合村」が存在していましたが、平成の大合併により中之条町の一部として吸収されました。

ちなみに上の写真は、群馬県立女子大学国文学科の学生さんと、中之条町地域おこし協力隊の皆さんとで、共同製作された六合地区を題材としたポスターです。2019年度「第67回 日本観光ポスターコンクール」において審査員特別奨励賞を受賞されたもの。上手く表現することが出来ませんが、そこに行けば自分のルーツに出会えるかも、そんな冒険心を駆り立てる作品ではないでしょうか。

美しい自然に囲まれ、日本の原風景が色濃く残る場所。そんな六合の魅力に取り憑かれたワタクシ常陸、ここ数年は毎年欠かさず訪れております。

この日、全国的に今年一番の冷え込みを更新したそうで、内陸山間部に位置するこの辺りでは、一層厳しい寒さが待ち受けておりました。我々が到着した朝9:30頃の気温は1℃って、もう真冬じゃん!

 

ウェアに着替えたり、バイクの準備をしていると、先ほどよりも陽光が明るさを増し、寒さも和らいできました。スタート時には気温4〜5℃まで上がり、これなら日中はもう少し暖かくなるはず。とは言え、これから我々が向かう先は山奥の秘境。長い上り、下りを含むコースプロフィールを踏まえて、ウェアの選定は慎重にならざるを得ません。そこで、ワタクシが実践したコーディネートは、SPRING FALL と WINTER のアイテムを組み合わせたMIXスタイル。

トップス / 春秋
EQUIPE RS SPRING FALL AERO JACKET

ベースレイヤー / 冬
WINTER LS SKIN LAYER

ボトムス / 春秋
EQUIPE RS SPRING FALL BIB SHORTS S9

ウォーマー / 春秋
EQUIPE RS SPRING LEG WARMER

キャップ / 春秋
SPRING FALL HEADBAND

グローブ / 冬
WINTER GLOVES

ソックス / 冬
WINTER SOCKS

シューズカバー / 春秋
SPRING FALL TOE COVERS G2

注意すべき点は、長い上り区間で汗をかき過ぎないようにすること。そうすれば、直後に下りに突入しても汗冷えを起こす心配がありません。出だしが寒いからと言って、冬物の着込み過ぎは禁物。適度に春秋物をミックスしてあげると、運動中の体温調節がしやすく、調子の良い状態を持続させることが可能になります。

これら基本装備に加えて、下山時に羽織るシェルの携行は必須。EQUIPE RS SCHLOSSHUND RAIN JACKET EVO をバックポケットに詰め込み、万全の体制で臨みます。

 

ここからは、枯れたオヤジ二人による珍道中の模様となります。写真多めのスライドショー的にご覧いただければ幸いです。

 

 

 

我々がやってきたのは、標高1513mに位置する野反湖(のぞりこ)。人造のダム湖と言われなければ判らないほど、周囲を2000m級の山々に囲まれ、大自然の一部に溶け込んだ静かな佇まい。

今回、内田を連れてきたのは、この景色を見せたかったからこそ。この日は雲ひとつない快晴に恵まれ、空の青を写す湖面に心洗われるようです。

道路に積もった雪を見つけて、無邪気に写真を撮りまくる内田。

葉を落とし、白い樹皮があらわになったダケカンバ(岳樺)の森。

南北に細長いカタチをした野反湖。湖の東側は道が整備され、北端のダム堤防まで続いています。

この先にはキャンプ場があり、道はそこで行き止まり。

ここは分水嶺に位置しており、この水は日本海へ注いでいます。

人に向かって雪を投げつける内田。

 

 

 

元来た道を引き返しながら、湖畔の遊歩道へちょっと寄り道。思う存分自然の中で遊ばせていただきました。

野反湖を後にした我々。まだ時間も早いことだし、もう少し走りたいね〜。ということで、クルマで北軽井沢へと移動します。

北軽井沢の別荘地近くにクルマを停め、そこから自転車で嬬恋村へ向かいます。浅間山の裾野に広がる一面のキャベツ畑。夕陽に照らされながら、しばしのクルージングを楽しみます。

 

日も沈みかけ、浮かび上がる山のシルエットが幻想的。そろそろ戻らないと暗くなっちゃうよ〜。

クルマを停めた駐車場までサクッと戻るつもりが、ここで痛恨のミス。迷路のように入り組んだ別荘地の奥へと迷い込んでしまいました。しかも、落ち葉のグラベルロード。

日の入りの時刻を過ぎると一気に冷え込み、気温は朝と同じ1℃…。シェルを羽織るにも、寒さで手が震えてファスナーを閉めるのもやっと。スマホで現在地を確認しながら、舗装路へ戻る最短ルートを探します。

最後は真っ暗闇の中を爆走! なんとか無事に戻ってくることが出来ました。緊張から解き放たれ、やけにテンションが高いオヤジ二人。この後、冷え切った体を温めるべく、温泉に浸かってから帰りました。

ウィンターライドの後の温泉は格別なんだぜ〜! by 内田

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。