9種のASSOS サマーソックスを一挙履き比べ!
後半をどうぞ。

FASTLANE ROCK SOCKS  ¥2,420(税込)

90% ポリエステル 10% エラスタン イタリア製

 


遅れてきた大物ルーキー的存在が、こちらのファストレーン ロック ソックス。ブッ飛んだ7色のマルチカラー!
おかげさまで現在非常に売れ行き好調で、結構な数量を入れていたにも関わらず、だいぶ在庫が少なくなってきました。ご興味をお持ちの方はお早めをお勧めいたします。

柄を左右自由に履いていただく為に、アソスのソックスには珍しく、左右の指定(左右の編み方の違い)がありません。
その為、決して履き心地が悪い訳ではありませんが、こうしてたくさんの種類を履き比べてみると、よく言えば大らか、悪く言えば平凡。緻密さにはやや欠ける履き心地の印象を受けます。昔のアメ車のような感じ…。でもこれもロックな『駆け足の人生』ですから。そのキャラにはぴったりなのかもしれません。
ちなみに私アイハラ、ジョー・ウォルシュも愛すべきキャラで好きなのですが、イーグルスで最も好きなのは、ハイトーンボイスのランディ・マイズナーです。

GT SOCKS  ¥1,980(税込) VENUS VIOLET(他7色)

70% ポリアミド 20% エラスタン イタリア製


「優しさに包まれて」的なソックス。足を入れた瞬間、お花畑が頭に浮かぶような、薄くて、柔らかくて、優しい肌触りの夏用の靴下。良い意味で、圧も強くありません。私アイハラ、このソックスすごく好きかも。
ラインナップ中、最もお求めやすい価格(税込 ¥1980)。デザイン的には後ろに小さくマークが入るだけ。ですが写真の通り、織りは部位によって複雑に変化しています。地味なんだけど、実は出来るヤツ。
去年は地味なカラー展開で目立たない存在だったから、今年は一気にハッチャケちゃいました!的な。真面目な話、とても履き心地が良いソックスです。

カラー展開が多数あるので、お乗りのバイクやヘルメットに合わせて上手にコーディネートしてください。
暗い時間帯に視認性を高めたい方は、ピンク、グリーン、オレンジの蛍光カラーがオススメ。ビアンキ乗りの方にはアクア グリーンカラーが、チェレステにドンピシャです!

HOT SUMMER SOCKS  ¥2,200(税込) BLACK(他1色)

72% ポリプロピレン 25% ポリアミド 3% エラスタン イタリア製

まずは、毛ズネのお見苦しさ、お詫び申し上げます。
私アイハラがここ数年の夏のロードシーンで愛用している、くるぶしまでのショート丈ソックスが、今シーズンリニューアル。
最も変わったのは素材です。夏場にオススメの素材ポリプロピレンを、ラインナップ中、最も高い72%まで配合。ホットなサマーに気持ち良い、シャリッと感が強く感じられます。
その分過去の物と比較し、素材の極薄感がやや失われている印象も。ただこれは、これまでの素材が薄過ぎたのかもしれません。

強くメーカーの意図が感じられるのは、くるぶし丈ソックスにありがちな弱点である「脱げやすさ」これを克服しようとするもの。ズルズルとどこまでも生地が伸びてしまう印象はまったく無く、コンプレッションを強くすることで、シューズの中でソックスの位置が安定しています。極短丈でも脱げにくい靴下に仕上がっています。
ご注目いただきたいのは、かかとの上に、ポコっと盛り上げた生地部分。シューズのかかと部分に肌が直接当たることで、ソックスが血に染まることが無いよう考えられています。これ私、実際に結構発生していましたから。ナイスな改善点です。

XC SOCKS  ¥2,420(税込) OPEN ORANGE(他7色)

45% ポリアミド 35% エラスタン 20% ポリプロピレン イタリア製

「外連味(けれんみ)のない。」これ、私アイハラの好きな表現なのですが、まさにそんなソックスが、このXCソックス。
足を入れた時に、特に特徴的なことを思い浮かばない。でも気がついてみると、あちこち悪くない。むしろ全部良い。「あれ、なんだか自然と収まりがいいなぁ」そんな履き心地のソックスです。
写真をご覧いただくと、シューズ内の部分の織りが上下・つま先・踵・拇指丘部分と全て違っているのが、お分かりいただけるかと思います。これが、その自然な履き心地を生み出しているのかと思います。「地味なんだけど、とても良い仕事をしている。」でもそれを声高に主張しない。まさに職人気質な靴下です。

このソックス、「OFFROAD XC SOCK」という名前を与えられているが故に、ROAD乗りの方からは見向きもされない点が本当に不憫に思えてなりません。ロードでも何の問題もありませんので。どなたかこのソックスを掬い上げてあげてください。きっと良い仕事してくれるはず。
オフロード特有のアースカラーも昨今のバイクカラーのトレンドに合っていると思います。グラベルロードに乗っていらっしゃる方には最高の相性!カラー展開も多数あり、個人的には結構良い色が揃っていると思っています。お好みのカラーを見つけてください。

TRAIL SOCKS  ¥4,840(税込) 

68% ポリアミド 30% ポリエストラ フルオロエチレン 2% エラスタン イタリア製

「ポリエストラ フルオロエチレン」。この舌を噛みそうな長い名前の素材が、こちらのトレイルソックスの最大の特徴です。
「シールド ニット」と名付けられたグレーメランジ素材は、前述の素材をポリアミドに配合。わかりやすいところでは、フライパンなどに使われるテフロンです。ゴムと金属の中間的な物性。その素材を繊維にブレンドしちゃいますか!その結果、繊維なのに耐摩耗性の強度が高く、ツルッとした印象の素材となり、オフロードシーンでの様々な外的ストレスから足を守ります。

秀逸なのは、そのような特殊な素材にも関わらず、履き心地はいたって普通で、違和感がありません。コンプレッション感があまり無く、長時間の装用でもソックスの存在を意識することがありません。ダートでのライン取りにしっかりと集中出来ます。
シックな見た目で、丈も長めなので、ジャケットなどを着て街中で小径車に乗るシーンなどにも良いかもしれません。アーガイルのソックスじゃベタだから、これ。的な。トレイルに限定する必要はありませんよ。

いかがでしたでしょうか?ASSOS のサマーソックス9種の「利きソックス」。
「お前の表現で、余計にわかりにくいわ!」って声もチラホラ…

それにしても、今回このような機会を作ってみて、アソスの夏用靴下が、種類ごとにこんなに履き心地が違うことに、あらためて気付かされました。メーカーが意図を持って、一生懸命開発していることがよくわかりました。そのことを少しでもお伝えできれば、今回のことも意味があるかと思います。

考えてみたらライドの際、どんなにデザインが良くても履き心地が悪い物は、結局はワードローブの中でチョイスしないんですよね。サイクリングソックスってお店で試着出来ませんから、今回のインプレッションが皆様のソックス選びのお役に立てれば嬉しく思います。

しかし今回のこれで、手持ちがまた一気に増えてしまいました…。

当店では、靴下だけのご利用も大歓迎!
「ASSOS 使ったこと無いなぁ」という方、まずはソックスから始めてみてください。
きっと、その履き心地の違いを感じていただけるはずです。
皆様のご利用をお待ちしております!

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。