東京の西部、青梅にお住まいのお客様、シム兄にお誘いをいただきまして、
青梅~日の出町周辺のトレイルをMTBで走ってきました。
ダートはほとんど初心者の私アイハラ。久し振りに古いMTBを引っ張り出して…
さて、どうなることやら。
ライド仲間のRZさんにもお付き合いいただき、3人でいざ出陣!





この辺りのトレイルを熟知しているシム兄のリードの下に進みます。
前日の雨でのぬかるみと、木の根っこの連続攻撃に苦戦しながらも、なんとか進むと、
ようやく走りやすい道に出ました。
(路面の悪い所では、バイクの操作にいっぱいいっぱいで、写真なんかまったく撮る
余裕がありません…)




そして山の頂へ。






標高400mほどのからの眺めですが、素晴らしい景色!
東側は都心方面がぐるっと見渡せ、一方の西側には奥多摩の山並みが連なっています。


休憩時に食べる塩せんべいの美味しさといったら!




その後、ひとつ目の山を下り、舗装路を進むこと数分。





「日の出山荘」中曽根康弘・ロナルド レーガン 日米首脳会談記念館に到着。
古い建物が好きな私の為に、シム兄が寄り道してくれました。

ここはかつての内閣総理大臣、中曽根康弘氏の別荘だった場所で、広い敷地内に
「青雲堂」「天心亭」「書院」の3つの建物があり、お庭が整備されています。
ここで昭和58年11月11日にアメリカ大統領、ロナルド・レーガン氏との
日米首脳会談が行われました。
2006年より中曽根氏から日の出町に寄付され、その後公園として整備され、
現在は訪問者を受け入れています。入館料大人300円。


茅葺屋根の建物、青雲堂。



この囲炉裏にてお茶を点て、レーガン大統領をもてなしたのだそう。



建物内にある調度品や品々が、いちいち趣があり、素晴らしいのです!






こちらはもう一つの建物、点心亭。
ここでいわゆる「ロン・ヤス会談」が行われました。




くれてなお 命の限り 蝉しぐれ  中曽根康弘






そして最後の建物が平成元年に建てられた書院。
かなり大きな建物で、現在は記念館になっています。
玄関からして凄い!






う~む!


個人的には見どころだらけで、まだまだ見足りません。
いつまでもここに居たい感じですが、そろそろ先に 進まないといけません。






ここからはダートの6kmほどの上り。
ロードの6kmとはえらい違いです。なかなか前に進みません。
こりゃきついわ~。
みんな無口になって、脚を回し続けます。



ようやくてっぺんが見えてきました。





ここでまた休憩。
こまめに休まないと身体が持たない感じです。







ここからは、またシングルトラックを下り、ライド終了。
(この下り区間でも、使える写真が1枚もありませんでした…)

本日の走行距離39km。獲得1100m程だそうです。
メッチャ疲れましたわ~。
でも楽しかった~!新鮮な気持ちで自転車に乗ることが出来ました。
下手っぴな自分とも向き合います。
それにしても、シム兄に感謝です!ありがとう~。
また行きたいな~

「俺もこんなのやってみたい!」って方がいらっしゃいましたら、
是非お店でお声掛けください。次は一緒に行きましょう!

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。