前回の続き。
決められたルートなんて無く、気の向くままに二人旅。
『陣馬の滝』を後にして、さらに奥深く進んでいくと、そこに広がる荒涼とした世界。
なんだか急に雲行きも怪しくなって、ゾクゾク(わくわく)が止まりません。

ここから先は常陸ライドのお約束、林道の峠越え。
※林道は通行止めの場合もございます。お出かけの際はご注意ください。

朝スタート時の蒸し暑さから、登りでオーバーヒートするかと思いきや、雲に覆われた山の中は、平野部よりもだいぶ涼しさを感じます。

スエゾーさんに、トップス FF1  RS  SPRING FALL  JACKET の調子を訊いてみたところ、スエゾーさん曰く、
「このジャケット、すごく汗抜けが良い」とのこと。
登りでかいた汗が、素材表面から空気中へ飛んでいくのが判るらしいです。

私もASSOSの春秋ウェアを着て思うのは、起毛素材の保温効果、気化熱を利用した冷却効果、このふたつが絶妙なバランスで両立していること。
どんなに寒暖差が大きくても、アップダウンの激しいコースでも、ウェアが何とかしてくれるという信頼性。
真夏や真冬よりも、気候が読みにくい春と秋にこそ、高機能な素材使いが威力を発揮してくれるのです。

そして、ボトムスに関しても同じことが言えます。
今回、我々二人ともボトムスは、保温性の BIB SHORTS  T.TIBURU  S7 をチョイス。
ASSOSを代表する春秋アイテムのひとつだけに、暑すぎたり、寒すぎたりということがなく、とにかく心地良いという印象のみ。
今さらながら、T.ティブル S7の安定感を再認識させられました。

峠のてっぺんに辿り着くも、ガスっていて何も見えない状況。
出口の見えない真っ暗なトンネルを抜けていきます。

ここから反対側の麓まで一気に急降下。
身体を冷やさないようにシェルを羽織ります。

ちなみに、今回用意したシェルは、二人とも EQUIPE  RS  RAIN JACKET
下っている途中、パラパラと通り雨に遭遇しましたが、EQUIPE  RS  RAIN JACKET が役に立ったのは言うまでもありません。

毛無山の麓、下部川のほとりに広がる下部温泉郷までやってきました。
昭和な雰囲気が残るひなびた温泉街では、コンビニもなく、駅前の食堂が唯一と言ってもいい補給ポイント。
雨宿りがてら、腹ごしらえをさせていただくことに。

ボリューミーな親子丼と生姜焼き定食で胃袋を満たした我々、ここから元の鳴沢村まで戻っていきます。

下部温泉から鳴沢村までは、国道300号線、いわゆる“本栖みち”をひたすら登ります。
この“本栖みち”がけっこうな曲者で、エンドレス感が漂う単調な登りにウンザリ。

スエゾーさんはと言えば、相変わらず余裕がありそう。

やっとのことで、本栖湖へ抜けるトンネルの手前、南アルプス展望台まで上がってきました。
雲に覆われて見晴らしはいまいちでしたが、雲間から注ぐ陽の光がなんとも幻想的。

ここまで来ればゴールは近い。
本栖湖を反時計回りに半周ぐるっと回って帰っていきます。
最後はスエゾーさんの鬼牽きのお陰で、完全に燃えカスになりました。
ありがとうございます!!

さて、次はどこへ出掛けよう?

LINEで送る
Pocket

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。