前回のつづき。

昼間は走行距離は短いながらも、「たくみの里」散策 、三国峠ヒルクライムTT と、
ぎゅっと詰まった内容で盛り上がりました。

しかし、本当の盛り上がりはこれから。
宿泊ホテル The Kinta 苗場に戻り、お風呂で汗を流したら、本館レストランへ。
お待ちかねのディナータイム。


オーナーのキンタさんを囲んで、カンパ~イ(乾杯)!!
三国峠TTでは誰もキンタさんの記録を破れなかったので、カンパ~イ(完敗)!!


通常宿泊ですと、日替わりディナーコースとなりますが、この日は特別にパーティスタイル。
キンタさん厳選の食材を使った料理、シャンパン、ワイン、ウイスキー、日本酒、etc.



こちらは上州もち豚のグリル、ワインが進みます。
この他にも、鴨の生ハム、エビを使ったパイ、若鶏のにんにくソース和え、
ポルチーニ茸のクリームパスタ、デザートはティラミスにコーヒー&紅茶付き。
全てのお料理を紹介しきれておりませんが、最後にはカレーも!! マジか~!!


厨房で腕を振るうのは、息子さんのケンタさん。
奥様も一緒にお手伝いしてくださり、まるで、キンタ家のホームパーティに
お呼ばれされたような、アットホームなおもてなし。


お料理、お酒の味も最高ですが、一番の魅力はキンタさんご自身ではないでしょうか。
低音ボイスの優しい口調で語られるキンタワールドに、皆さん酔わされております。
この楽しそうな笑顔を見れば分かるでしょ~。





一見、貸切のように見えますが、我々以外にも団体さん40名ほどが宿泊されておりました。
苗場といえば、スキー場しか思い浮かばない私。
最近では学生さん、社会人問わず、クラブサークルの合宿地として、苗場の人気が高まって
いるようで、季節に関係なく訪れる人が多いとのこと。

いまや夏の風物詩となった野外音楽フェス“FUJI ROCK FESTIVAL”の開催時には、
主催者を招いて、100人規模のパーティの会場にもなる The Kinta !!
さすがに、そのタイミングで予約を取るのは難しいと思いますが、苗場にお越しの際には、
The Kintaに泊まって、ダンディーなオーナーと素敵なひと時をお過ごしください。

皆さん、すっかりいい気分になってまいりました。
お宝が眠るワインセラーを見せていただくことに。
ワイングラス片手にゾロゾロと階段を下りていく怪しい集団、、、。


本館と道を隔てたタワー館(新館)へ移動、タワー館の地下が噂のワインセラーでございます。
皆さん、宝探し気分で遠慮なく奥へ入っていかれます。


そちらの方、頭ぶつけないように気を付けてください~。


焼印が押された木箱の中には、高そうなワインがゴロゴロ、、、。
キンタさんが一生懸命説明してくれますが、お子ちゃまな私にはさっぱり分かりません。
ラトゥール???


そのままタワー館2階のラウンジへ移動、延長戦に突入でございます。
こちらも、落ち着いたスタイリッシュな空間ですね。



ここでもお宝発掘でしょうか?
何故か、ハイペロンウルトラTWO(クリンチャー)をしみじみと見つめる女性陣、、、。




キンタさん、大好きなクルマと腕時計の話に夢中、もう誰も止められない?
とその時、本館にいる奥様から内線が、、、ここで本日の宴はお開き。
さすが奥様、キンタさんも観念したようです。




明日も朝早いので、そろそろ寝るとしましょうか。

つづく。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。