どうも、常陸です。

このところ雨に祟られて中止になることが多かったライドイベント。
4月13日、久々の開催となりました。

埼玉県 越生町を中心に8の字を描くように、毛呂山町、ときがわ町を行ったり来たりと
里山ライドを楽しんでまいりましたので、そのご報告。
今回、新たにライドメンバーに加わったヒロさん、茨城県古河市から参戦です。
バイクは年季の入ったZULLOのスチール製、ホイールはアンブロッシオのネメシス。
クラシカルな見た目に反して、コンポーネントはカンパEPSという妖刀使い。
ヒロさん、登り口で立ち止まり、ウィンドブレーカーを脱いだと思ったら、そこから凄まじい追い上げ。
後方からのプレッシャーに逃げる方も必死です。
先ず、我々が辿り着いたのは林道 桂木線のてっぺん、桂木観音(桂木寺)。
春には桜やツツジが綺麗なことで知られております。
自転車乗りの間では、最後の最後に現れる激坂区間がちょっとした話のネタです。
お次に向かった先は、上谷の大クス(かみやつのおおくす)。
県下最大の巨木というだけあって、間近でみると凄い迫力。
その後は弓立山の中腹を縫って、ときがわ町へ。
100年以上前の古民家を移築したうどん屋さん、「やすらぎの家」でエネルギー充填。
この辺り、至る所にバイクラックが設置してあり、町全体にサイクリスト歓迎ムードが漂っております。
食後は腹ごなしにJR八高線の線路脇をしばしクルージング。
ルートが8の字に交差するあたり、越生梅林へと戻っていきます。
黒山三滝の入り口に程近いあたりまでやってくると、我々一行に手を振る二人組に遭遇、、、
“ 桜の木の下にはシトロエンが待っている ??? ”
実はこの方々、ご夫婦そろってサイクリストであり、当店を長らくご愛顧いただいているお客様なんです。

ご実家が越生ということもあり、我々のライドを知って用意してくださった“おもてなし”。

題して、、、サプライズ エイド ステーション with シトロエン !!

そんな素敵な企みがあるとはつゆ知らず、前日に指定された場所に来てみてビックリ !!
地元産ゆずを使ったジュース他、クッキー、バナナ、お煎餅、飴とテーブルの上はオヤツでびっしり。
極めつけは奥様のお手製チーズケーキ、一人で3個食べたヤツ、誰だ~?
いや~、本当に美味しかったです。
空気入れや工具までご用意していただき、まさに至れり尽くせり。
それよりも何よりも、ご夫婦の素敵な人柄とシトロエンの可愛らしさにすっかり癒されてしまいました。
大量のオヤツを平らげ、エネルギー充填率200% !!

颯爽と走り去 るシトロエンを見送り、本日最難関の峠、林道 猿岩線へアタック !!

ワタクシ自身、猿岩線を登るのは久しぶり、結構きつかった、、、。
噂の下ハン女子は顔色一つ変えずにスイスイ登っていきます。
一旦、尾根まで到達すると見晴らしは最高。
この後は尾根伝いに、スタート地点の駐車場へと戻っていきます。

普段から練習コースとして走り慣れているエリアですが、一緒に走る仲間がいると
色んな意味で新鮮でした。 いや~楽しがった~。

この辺り、まだまだ色んなルートが取れます。
越生を走ってみたいという方、ワタクシ常陸がご案内いたしますよ。

SHARE

Facebookで最新の記事情報をチェックできます。