新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
当店 ASSOS PROSHOP TOKYO も年末年始の冬季休業をいただいておりましたが、本日1月5日(木)より営業再開、無事に2023年のスタートを切ることが出来ました。

ちょっと古臭い言い方になりますが、我々スタッフも原点を見つめ直し、サイクリストによる、サイクリストの為のお店を目指して取り組んでまいります。皆さまが主役となってサイクリングシーンを盛り上げていってください。そのお手伝いをするのが私たちの役目です。本年も変わらぬご愛顧のほど何卒よろしくお願い申し上げます。

 


NEW YEAR RIDE in 秩父

さてさて、ワタクシ常陸のプライベートな話で大変恐縮ですが、新年1月2日の恒例行事「 NEW YEAR RIDE 」へ出掛けてきました。集まったメンバーは、「シクロワイアード」の編集長 綾野真さんを始め、奥武蔵界隈を根城にする手練れ衆。カラダは確実に歳を取っている筈なのに、なかなか楽をさせてくれない人たちの集まりです。むしろ内容は年々スパルタンになってるんじゃないだろうか?

秩父の外れにある山間の集落 芦ヶ久保からスタート。朝8時台の気温は氷点下。初っ端からいきなりの激坂直登ルートは、「みんな体を冷やさないようにね」という、心優しきメンバーの配慮があってのこと。ウォーミングアップ無しでそのまま本番へなだれ込むという…。

芦ヶ久保からひと山越えて長瀞方面へ。山の南斜面は柔らかい日差しが降り注ぎ、さっきまでカラダに霜が降りそうなくらい寒かったのが嘘のよう。じんわりと体がほぐれていきます。いにしえの旅人が行き交った古道に立ち、木立の隙間から秩父盆地を覗き込めば、街全体を遠巻きに包み込む外輪山まで見渡すことが出来ます。外敵の侵入を許さんと言わんばかり、まさに天然の要害といった趣があります。

ランチは NEW YEAR RIDE の定番となっている長瀞のピザ屋さん villapawa(ビラパワ)へ。かつて秩父で栄えた養蚕農家の建物をリノベートした店舗は、当時の面影がそのまま残るどこか懐かしい空間。急な階段で二階へ上がると、南向きの大きな窓と木の温もりに溢れたテーブル席が出迎えてくれます。冬季休業中のお店が多いこの時期、新年1月2日から本格的な釜焼きピザがいただけるなんて、何ともありがたい限り!

前半の山場 villapawa のピザを制覇して満足気な一行。しかし、言うなれば、ここまでは昼メシまでの時間調整に過ぎません。真のメインディッシュはこれから。その舞台が長瀞町と寄居町の間にある隠れた激坂“釜伏峠”です。勾配10%越えが続くアプローチに差し掛かった途端、全員が無口に…。誰からともなくアタックを仕掛ける。お遊びとは言え、互いの意地と意地がぶつかる“脚の削り合い”。これが NEW YEAR RIDE の中で一番の美味しいところなんです。

最大心拍数を叩き出し、壁にへばりつくようにしてやっと辿り着いた釜伏峠のてっぺん。ひとまず呼吸を落ち着かせ、今回の目的地のひとつ“釜山神社”へ立ち寄ります。いつもは不信心な峠ジャンキーどもも、お正月くらいは日本人らしく初詣と洒落込もうぜ!といったところ。背の高い杉林を真っ二つにかき分ける参道。山奥に忘れ去られたかの如くひっそりと佇む本殿。そして、神社の魔除けが狛犬ではなく、オオカミというのが面白い。秩父地方に古くから残る“オオカミ信仰”が今もこの土地の荒々しさを伝えているようだ。お正月らしい賑々しさとは無縁の社。いつからか時間の流れが止まっているような侘しさこそ、我々の性に合っている。

初詣を済ませたと言っても道はまだ半ば。この後も林道から林道を繋いでひたすら冬枯れの中を進むのみ。日が傾き始めると気温は一気に急降下。地面にスーっと伸びた影にタイムリミットが迫っていることを悟り、朝と同じくシェルを着込んで先を急ぐ。

最後に待ち受けるはロングダウンヒル。小気味良い九十九折れのコーナーリングを楽しみながら、何とか日が沈む前に戻ってくることが出来ました。

それにしても新年早々ハードなライドだったな〜。お陰で正月ボケなどする暇もなくシャキッと目が覚めました。大腿部の深層まで響くダメージを喰らいつつも、本気で遊んでくれる仲間たちに感謝しかありません。このライドを終えて、やっと新しい一年のスタートを切ったという実感。そして、来年のお正月もここに集まることを誓いつつ解散しました。

皆さまは年末年始をどのように過ごされましたか?
今年一年を元気で乗り切れるよう、寒さに負けず、目一杯サイクリンを楽しみましょう!

写真提供 MAKOTO AYANO / cyclowired

SHARE